大島ゆう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大島 ゆう子(おおしま ゆうこ、1956年9月 - )は東京都中野区出身。1976年から1977年頃にかけて活躍した、日本ヌードグラビアモデル

人物・来歴等[編集]

  • 1976年夏、『平凡パンチ』誌上でグラビアデビュー。
  • サイズは身長157cm、B95cm-W60cm-H89cm。ブラジャーのカップサイズは公表されなかった。
  • スレンダーな肢体に似合わない巨大なバストが圧倒的なインパクトを与え、「バクダン娘」の愛称でたちまち話題となる。グラビアはほぼ『平凡パンチ』にしか登場しなかったにもかかわらず、一部に熱狂的なファンを生んだ。
  • プロフィールのバストサイズは途中から85cmとしていたが、明らかに虚偽の下方修正であった。これは乳房の豊かな女性は頭が悪いという俗説に惑わされていたらしい。
  • 3人姉妹の末っ子。当時のインタビューによると、性格は内気でおとなしく、恥ずかしがり屋であると語っていた。
  • 女優を目指すとして、1977年にヌードグラビアを離れたが、その後の消息は不明。
  • 映画『幸福の黄色いハンカチ』の中で、花田欣也(武田鉄矢)が『平凡パンチ』(1977年8月22日号)の大島の掲載されたヌードピンナップに驚くシーンがある。