大岬音右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大岬 音右エ門(おおみなと おとえもん、生年不明 - 1814年9月16日文化11年8月3日〉)は、秀ノ山部屋に所属した元力士[1]大岬音右衛門との表記もある[2]

本名は徳田と伝わるが不明[1]。身長191cm、体重は不明[1]陸奥国仙臺(現在の宮城県仙台市)出身[1][2][3]

最高位は東大関

1801年11月場所で、「仙臺」頭書の関之戸音右エ門で看板大関として付出された[2]。看板大関にありがちな土俵入りのみを行う力士とは違い、本場所の相撲も取った。文化年間に入ると看板大関の地位を辞退して、他の力士と変わらない身分で相撲を取るようになった。幕内では勝率が高く、1810年10月場所で7勝2敗1の優勝次点(優勝相当成績は雷電爲右エ門で7勝1敗1休1分)の好成績を挙げた[4]。1814年4月場所で12年ぶりに大関に返り咲いた[1]が、初日の日下山(ひげやま)戦に勝利したのみで残りを休場した[5]。そしてこの場所終了後の1814年8月3日に現役中のまま死去した。抱えは死去までに、仙台藩(1801年11月 - 1803年5月)→ 高松藩(1803年10月 - 1807年11月)→ 久留米藩1808年10月 - 1814年4月)と変わった。

幕内通算 17場所 57勝24敗3分1預6無70休の成績を残した。

改名歴は5回ある:関之戸 音右エ門 → 関ノ戸 音右エ門 → 大見崎 音右エ門 → 大岬 音右エ門 → 大岬 丈右エ門 → 大岬 丈右衛門[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3200&l=j
  2. ^ a b c 大関伝 75人目~91人目相撲評論家之頁のHP。85人目 大岬 音右衛門を参照。
  3. ^ 出羽国村山郡(現在の山形県寒河江市)出身という説もある。
  4. ^ 文化10年秋場所大相撲星取表のHP。尚、雷電にとってはこれが生涯最後の優勝(28回目)だった。
  5. ^ 文化11年春場所大相撲星取表のHP

関連項目[編集]