大将軍 (方位神)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大将軍半跏像
大将軍八神社方徳殿前(京都市)

大将軍(たいしょうぐん、だいしょうぐん)は陰陽道において方位の吉凶を司る八将神(はっしょうじん)の一。魔王天王とも呼ばれる大鬼神。仏教での本地他化自在天

古代中国では明けの明星啓明、宵の明星を長庚または太白(たいはく)と呼び、軍事を司る星神とされたが、それが日本の陰陽道に取り入れられ、太白神や金神(こんじん)・大将軍となった。いずれも金星に関連する星神で、金気(ごんき)は刃物に通じ、荒ぶる神として、特に暦や方位の面で恐れられた。

大将軍は3年ごとに居を変え、その方角は万事に凶とされ、特に土を動かすことが良くないとされた。大将軍の方角は3年間変わらないため、その方角を忌むことを「三年塞がり」と呼んだ。ただし、大将軍の遊行日(ゆぎょうび)が定められ、その間は凶事が無いとされた。年毎の方位は十二支によって以下の通り。

遊行日は以下の通り。

大将軍は牛頭天王の息子とされ、スサノオと同一視された。(ただし後に、牛頭天王はスサノオと習合した)

京都では、桓武天皇平安京遷都の直後、大将軍を祭神とする4つの大将軍神社を四方に置いた。

ただし、現在の所在は以下のとおり。これらは現在ではスサノオを祭神としている。

またこれらとは別に、祇園社(八坂神社)も大将軍を祭っている。また、北区には大将軍という地名が残っている。

昨今の事例[編集]

2000年4月、山形市の下水道工事で、工事を断る世帯が多く、遅々として進まないというニュースがTVや雑誌で報道された。工事を断る理由の一番目は「経済的理由」であり、その次に多かったのが「大将軍」であった。西暦2000年は辰年で大将軍は北の方角におり、住民たちの多くが屋敷の北に浴室や便所があったため、工事が進まぬ結果となってしまったわけである。方忌呪術は、かつて徳川家が天下を取っていた時に禁止したものの、徳川家の支配があまり強く及ばなかった山形県にはそれが残ったというのが、山形県に現在でも方忌呪術が残っていることの由来と言われている。[要出典]

大将軍にまつわるものと思われるもの[編集]

宮城県仙台市太白区という地区がある。この地区名の由来自体は同区内にある太白山であるが、中国にも太白山 (中国)という名前の山が存在し、この山の名前の由来は古代中国に於ける太白(宵の明星)だと思われる。また、仙台市の太白山の名前の由来は、「太白星が流れ落ち、星が落ちた所に山ができた。」という伝説だとされる。この伝説にある「太白星」は金星のことであり、金星は、古代中国では太白と呼ばれていた。そのため、元をたどれば古代中国に於ける「太白」という言葉が仙台市の太白区という地名の由来であるという考え方もできる。仙台市の「太白」という区名は公募で選ばれたものである。ちなみに、この公募の際に応募された名前の中に於いては、「南区」という名前が1位であり、2位が「緑区」という名前であったが、方位や他都市の区名に例がある名はとらないという方針がとられ、「太白」という名前が選ばれた。

関連項目[編集]