大寺千代田郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大寺 千代田郎(おおでら ちよたろう、1884年明治17年)12月19日 - 1921年大正10年)7月2日)は、日本の華族男爵

経歴[編集]

薩摩藩士・陸軍少将であった大寺安純の嗣子。 1895年8月20日、父の安純の日清戦争での功により男爵に叙爵、華族に列せられた。

栄典[編集]

親族・家族[編集]

嗣子・大寺純藏(川村純藏・貴族院議員)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  2. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  3. ^ 『官報』第1630号「叙任及辞令」1918年1月11日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成(上巻)』、1996年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
大寺(安純)家初代
1895年 - 1921年
次代:
大寺純藏