大宮神社 (山鹿市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大宮神社
Omiya-jinjya-yamaga.jpg
大宮神社 (山鹿市)
所在地 熊本県山鹿市山鹿196
位置 北緯33度0分42.8秒 東経130度41分42.3秒 / 北緯33.011889度 東経130.695083度 / 33.011889; 130.695083座標: 北緯33度0分42.8秒 東経130度41分42.3秒 / 北緯33.011889度 東経130.695083度 / 33.011889; 130.695083
主祭神 景行天皇
阿蘇十二神
社格 県社
創建 不詳
別名 山鹿神宮
例祭 8月16日
11月15日
主な神事 山鹿灯籠まつり
テンプレートを表示

大宮神社(おおみやじんじゃ)は、熊本県山鹿市山鹿に鎮座する神社である。景行天皇を主祭神とし、阿蘇十二神を併せ祀る。旧社格は県社。

由緒[編集]

第12代景行天皇が筑紫(九州巡幸の際、現社地に行宮(あんぐう、仮の御所)を営んだと伝える。その後、行宮の跡地に天皇を祀ったのが起こりといわれている[1]

1072年延久4年)、菊池則隆が阿蘇十二神を勧請して併せ祀り、田地36町歩を寄進した。山鹿の鎮守として、代々の領主・藩主らをはじめ篤い崇敬を受けてきた。1871年明治4年)、山鹿神宮と改称。1940年昭和15年)、大宮神社と改称し、1943年(昭和18年)県社となった[2]

神域は約1万平方メートルで、八坂神社をはじめとする境内社や奉納された灯籠を保存する「燈籠殿」、猿田彦石碑群などがある[3]

祭神[編集]

例祭日[編集]

山鹿燈籠

山鹿灯籠まつり[編集]

  • 8月15日より17日の未明にかけて奉祝される例祭は、「山鹿灯籠まつり」として全国的に知られる。景行天皇御到着のおり、濃霧のなか里人が松明をもってお迎えしたのが起源で、文禄年間(1592年1596年)に松明を紙製の灯籠に代えて奉献することになったという[4]

境内社[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本歴史地名大系44『熊本県の地名』平凡社、1985年
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』角川書店、1987年、247頁
  3. ^ 熊本日日新聞社編纂・発行『熊本県大百科辞典』、1982年、109頁
  4. ^ 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、76頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]