大宮八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大宮八幡神社
所在地 徳島県名東郡佐那河内村下高樋79
位置 北緯33度59分54.3秒
東経134度28分13.7秒
座標: 北緯33度59分54.3秒 東経134度28分13.7秒
主祭神 八幡大神
足仲彦天皇
姫大神
高良大明神
息長帯姫命
大鷦鷯尊
菟道稚郎子尊
社格 式内社旧郷社
創建 708年和銅元年)
別名 大宮八幡宮
大宮神社
例祭 10月16日
地図
大宮八幡神社の位置(徳島県内)
大宮八幡神社
大宮八幡神社
テンプレートを表示

大宮八幡神社(おおみやはちまんじんじゃ)は、徳島県佐那河内村に鎮座する神社である。大宮八幡宮大宮神社とも表記される。

歴史[編集]

「徳島県神社誌」によると、創建は708年和銅元年)に豊前国宇佐八幡宮の神霊を勧請して斎き祀るとある。室町時代には阿波細川家の祈願所であった。

大宮八幡神社には神代文字である阿波文字が伝えられており、1779年安永8年)に神主である藤原充長が著した『神字書』(かなふみ)に阿波文字が掲載される。

境内に祀られている猿田彦大神は、全国で唯一のの神様として知られる。

祭神[編集]

境内社[編集]

  • 猿田比古神社 - 式内社。

交通[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]