大妻コタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大妻 コタカ(おおつま コタカ、1884年6月21日 - 1970年1月3日)は、女子教育界草分け、大妻学院(現・大妻中学校・高等学校大妻女子大学)創立者。広島県世羅郡世羅町出身。旧姓・熊田。世羅町名誉町民。

略歴[編集]

  • 1884年、世羅郡甲山町(現世羅町)に生まれる。名前の由来は、6月の農繁期に6人兄弟の末っ子として生まれた女児であったため、「忙しい時に『困った児』」が訛ったもの。農繁期であったため、出生届の提出が遅れ、入籍されたのは11月20日。生前「私には年に2回の誕生日がある」と話していた。現在、この11月20日が大妻学院の学校記念日とされている。3歳で父を14歳で母を亡くす。
  • 1901年、広島県立高等女学校(現広島皆実高校)卒業。当初、物理と数学を学ぶことを志したが、兄に「女は手芸裁縫を学ぶもの」と反対されたため、家出し上京。結局、叔父宅へ寄宿し和洋裁縫女学校(現和洋女子大学)に入学。卒業後、東京府の教員養成所(現東京学芸大学)、神奈川の女子師範学校(現横浜国立大学)などに学び卒業後、都下の学校で教鞭をとる。
  • 1907年、宮内省御陵係・大妻良馬と結婚。大妻姓となる(旧姓は熊田)。軍人の家庭の仕立て物を縫わせてもらったのが切っ掛けで、好きな瓶細工や袋物の手芸などを近所の娘さんたちに手ほどきをした。
  • 1908年、夫が山階宮家勤めとなり、宮家の中にある家に移る。この場所で大妻学院の前身となる縫製・手芸の家塾を開設。
  • 当初近所の子供を集めた10数人の私塾だったが大妻の教授法は好評で、また女子教育普及の波に乗り生徒数が増加の一途をたどり1916年、大妻技芸伝習所、1917年、麹町に私立大妻技芸学校開校、1919年、高等女学校に発展。戦前の良妻賢母教育の代表といわれた。また五尺、半でできる服やツーピースの着物風呂敷を三角にした戦時袋などを考案して評判を呼ぶ。1927年から1932年にかけて和服のたち方縫い方、手芸などを分かりやすく図で説明した本を次々出版、30万部、50万部などと売上げ、当時としては驚異的なベストセラーとなった。
  • その後高等技芸科、高等家政科を増設。
  • 夫が急性肺炎で亡くなり、子宝にも恵まれなかったこともあり、学校経営に情熱を注いだ。
  • 1942年、大妻女子専門学校と改称。
  • 戦時中に国粋主義的な婦人団体の幹部として活躍したり、戦意昂揚の講演などを行っていたとして戦後は教職追放令により学校を追われた。
  • 1949年解除後校長に復帰、大学から中学まである大妻学院に女手一本で育て上げた。
  • 1949年、大妻女子大学に昇格、家政学部に被服、食物、家庭理学の各科を設置。また校長、学長を歴任した。
    • 以来、生涯にわたり女子教育に尽くした。教育方針は和裁を中心に良妻賢母の養成であった。家事評論家としても活躍、関連雑誌の評論他、文部省認定の「現代裁縫全書」、「模範裁縫教科書」、「新選裁縫教科書」など裁縫、手芸に関する多くの著書がある。その他自著「ごもくめし」(1962年)、「大妻コタカ」上田高昭著(1967年)、「近代日本の女性史 第9巻 大妻コタカ」安西篤子著(1981年)などの関連書籍がある。
  • 1954年、藍綬褒章受章。
  • 1964年、第1回生存者叙勲で女子教育者としては初めて勲三等宝冠章を受章した。
  • 1970年、住み慣れた東京三番町で長逝、85歳。従四位勲二等瑞宝章受章。

生家[編集]

大妻コタカの銅像

彼女の生家は甲山町(現:世羅町)の伊尾地区にあったが、同地区に三川ダムが建設されたため水没することになった。そのためダムの人造湖「神農湖」湖畔に移築され保存展示されている。また敷地内には、大妻女子大学の同窓会等が集めた浄財によって彼女の銅像が建立されている。

外部リンク[編集]