大塚英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大塚 英子(おおつかえいこ、1938年 - )は、ホステス出身の文筆家。作家吉行淳之介の愛人だった女性。

人物・略歴[編集]

1938年昭和13年)生まれ。作家吉行淳之介の28年間に及ぶ愛人として知られる。OLから銀座「ゴードン」などクラブのホステスとなり、そこで吉行と知り合い愛人になる。吉行死後の1995年平成7年)、吉行との愛の日々を綴った『「暗室」のなかで』によって文筆家としてデビューした。そのなかで大塚は、吉行の代表作『暗室』のモデルであったことを公表、吉行との関係を記している。

なお、吉行には公認の愛人として女優の宮城まり子がいた。

ホステス時代[編集]

文壇バー「ゴードン」のホステスから、吉行淳之介に薦められ山口洋子が運営する「」での勤務経験があるが、自身の著作『夜の文壇博物誌』の中では「姫」時代についてはあまり良いことが書かれておらず、当時ママだった山口洋子との折り合いもよくなかったらしい。

『夜の文壇博物誌』によれば大塚英子はよくもてたらしい。安部公房奥野健男川上宗薫北原武夫黒岩重吾五味康祐亀倉雄策黛敏郎などの面々が大塚を口説いたと記されている。

代表作[編集]

  • 『「暗室」のなかで―吉行淳之介と私が隠れた深い穴』
  • 『「暗室」日記』
  • 『妖夢』
  • 夜の文壇博物誌』(エッセイ)

関連項目[編集]