大塚幸之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大塚 幸之助(おおつか こうのすけ、1906年 - 1987年)は、日本実業家プロ野球球団経営者。

生涯[編集]

東京府東京市本所区(現:東京都墨田区)に生まれる。府立第三中学校を四年生で中退、父を連れて家業の大塚製作所に入社。1923年に父が死去したため社長に就任。1925年から1927年まで徴兵検査甲種合格で陸軍第一師団野戦重砲第三旅団輜重兵大隊(国府台)に所属。1935年軍需工場の指定を受け、ばね等の自動車部品、機関銃部品を製造する軍需産業に転換。1945年に罹災のため千葉県松戸市に移転。戦後は洋傘洋傘骨製造に転換。

1947年国民野球連盟大塚アスレチックスのオーナーに就任。同年秋には宇高勲の後を受け国民野球連盟の会長に就任。国民野球連盟解散後の1948年金星スターズを買収。同年1,971万円の所得長者番付の第7位となる[1]1948年12月に金星スターズが大映野球に吸収された後も大映野球(大映スターズ)社長に就任。1950年の退任後、大塚製作所の再建に専念したものの、1953年に倒産。

その後、大映永田雅一の個人スタッフとして、永田の関与したペプシコーラ横浜支店支配人、東京スポーツ新聞社専務を歴任し、1962年東京スタジアム副社長に就任。1971年から同代表清算人。後に東京スポーツ新聞社監査役。1987年、81歳で没。

脚注[編集]

  1. ^ 1948(昭和23)年長者番付 2009-10-19閲覧

関連項目[編集]

参考文献[編集]