大塚寅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大塚 寅彦(おおつか とらひこ、1961年5月17日 - )は、日本歌人。2004年より中部短歌会主幹、歌誌「短歌」編集発行人。

来歴[編集]

随時短歌総合誌などに作品、小論を執筆するほか、中日新聞「中部の文芸」で短歌時評を担当している。

作風[編集]

古典をふまえた文語体修辞法による細やかな感性の表現に特徴がある。初期の耽美的作風から、中年・壮年の孤独や日常を生々しく詠う作風に変化している。きれいさびの心情的な側面と韻律を主体とした大胆な修辞的側面が併存している。

著書[編集]

歌集[編集]

アンソロジー[編集]

その他[編集]

  • 『名歌即訳・与謝野晶子』 (評釈集) ぴあ、2004年。

所属など[編集]

外部リンク[編集]