大塚健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大塚 健一郎
Kenichirō Ōtsuka
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 大塚 健一郎
おおつか けんいちろう
愛称 けん坊
生年月日 (1977-10-14) 1977年10月14日(41歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 171cm
体重 74kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会大分支部
期別 82期
分野 競輪
役割 選手
特徴 追込
アマ所属チーム
大分県立日出暘谷高等学校
プロ所属チーム
1999-
日本競輪選手会大分支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
S級S班 2011
最終更新日
2010年12月6日

大塚 健一郎(おおつか けんいちろう、1977年10月14日 - )は、日本の競輪選手日本競輪学校第82期卒業。日本競輪選手会大分支部に所属。師匠は山田文俊(引退・第31期生)。ホームバンクは別府競輪場

経歴[編集]

大分県立日出暘谷高等学校在学中から自転車競技を行い、卒業後は日本競輪学校に第82期生として入学する。同期には荒井崇博兵藤一也らがいる。在校成績4位で卒業すると1999年4月11日に別府競輪場でデビューし同日初勝利を挙げる。

以降は同県の先輩である小野俊之と共に大分の強豪としての名を上げていき、年に一度ほどGI・GIIの決勝に出走するほどの実力を発揮し続けた。

2010年には全日本選抜競輪宇都宮競輪場)の決勝5着とオールスター競輪いわき平競輪場)の決勝7着により、同年12月5日時点における賞金獲得額ランキング上位となったことから、同年12月27日より適用される2011年のS級S班選手に選出された[1]

2011年SSシリーズ風光る松戸競輪場)の決勝は3着だった。寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント弥彦競輪場)は落車再乗し、8着だった。

2013年第55回朝日新聞社杯競輪祭小倉競輪場)の決勝は3着だった。

2014年高松宮記念杯競輪宇都宮競輪場)の決勝は2着である。

競走スタイル[編集]

かつては自力での競走を行なっていたが、現在は追込に徹している。しかし目標が無い時には鋭い捲りも放つ。マーク型としてソツのない動きをするが、混戦を切り抜けるための横の動きや、最後の直線での伸びには目を見張るものがある。

GI決勝[編集]

  1. 第13回寛仁親王牌 4着(2004)
  2. 第48回朝日新聞社杯競輪祭 4着(2007)
  3. 第18回寛仁親王牌 5着(2009)
  4. 第26回読売新聞社杯全日本選抜競輪 5着(2010)
  5. 第53回オールスター競輪 7着(〃)
  6. 第20回寛仁親王牌 8着(2011)
  7. 第53回朝日新聞社杯競輪祭 5着(〃)
  8. 第55回朝日新聞社杯競輪祭 3着(2013)
  9. 第65回高松宮記念杯競輪 2着(2014)[2]
  10. 第23回寛仁親王牌 5着(〃)
  11. 第30回読売新聞社杯全日本選抜競輪 7着(2015)
  12. 第58回オールスター競輪 6着(〃)

脚注[編集]

  1. ^ S級S班選手の決定について - KEIRIN.JP 12月5日配信
  2. ^ 注目選手 赤丸チェック - 月刊競輪WEB|KEIRIN.JP

外部リンク[編集]