大塚保治 (美学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大塚 保治(おおつか やすじ、1869年2月1日明治元年12月20日) - 1931年昭和6年)3月2日)は、日本の美学者東京帝国大学教授。夏目漱石との交友でも知られる。

経歴[編集]

群馬出身、旧姓小屋。東京帝国大学哲学科を卒業。1895年、大塚正男の娘、大塚楠緒子と結婚し、大塚姓になった。妻・楠緒子は歌人、作家としても活躍した。

大学卒業後、東京専門学校文学科講師となりハルトマン美学を講義。1896年より四年間ヨーロッパに留学し、1900年東京帝国大学教授となり美学を講じた。東京帝国大学の美学講座を開いた初の日本人教授である。日本の美学研究の礎を築いた。 1925年帝国学士院会員。1929年定年退官。

楠緒子との息子にレーニンの著作集『カール・マルクス 他五篇』(岩波文庫)の翻訳をした大塚弘[1]。後妻との娘は大内力に嫁いだ[1]

漱石との交遊[編集]

漱石の友人で『吾輩は猫である』に登場する美学者・迷亭のモデルとも言われる。

1910年に妻の楠緒子が早世したとき、漱石は「あるほどの菊投げ入れよ棺の中」という句を詠んだ。(『硝子戸の中』25)

著作[編集]

自身で著述を残さなかったので、死後その弟子らが『大塚博士講義集』(1933・1936年)を纏めた。論文に『ロマンチックを論じて我邦文芸の現況に及ぶ』(1902年)など。

脚注[編集]

[ヘルプ]