大場正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大場 正明(おおば まさあき 1957年 -)は、日本の映画評論家横浜市出身[1]中央大学法学部卒業。『SWITCH』、『エスクァイア』などを主な執筆の場とする。アメリカ文化に詳しく、サバービア郊外)についての考察を絡めた映画評が出色である。映画以外にも、ブルース関連書の共訳、フィリップ・ディックについての研究書の共訳、フリークスについてのレスリー・フィードラーの著書の伊藤俊治らとの共訳もある[2]

趣味は、登山、写真、料理[3]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『サバービアの憂鬱 アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍
ブルーベルベット』『シザーハンズ』『ヘザース』『アップルゲイツ』『泳ぐひと』『普通の人々』そしてジョン・ウォーターズ諸作品などに表れる、”郊外的なもの”を考察した[4]
  • 『アメリカ映画主義 もうひとつのU.S.A』(フィルムアート社)
インディーズメジャーの新たな関係に注目

共訳[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「花まるシネマ」の自己紹介(外部リンク参照)
  2. ^ アマゾン・ドット・コム
  3. ^ 花まるシネマ、自己紹介より
  4. ^ 自身のHP、本著についての解説ページより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]