大城兼義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大城 兼義(おおしろ けんぎ[1] / かねよし[2]1871年8月11日(尚泰24年6月25日[1][3])- 1951年昭和26年)11月11日[1][2])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

琉球王国小禄間切宇栄原[1](のち沖縄県島尻郡小禄村、現那覇市小禄字宇栄原)で、屋号新屋敷・大城三郎の長男として生まれる[1][3]。小禄小学校、島尻高等小学校を経て、1890年、沖縄県立第一中学校(現沖縄県立首里高等学校)に入学したが、3年で退学した[1]1896年長崎鎮西学館(鎮西学院)神学科沖縄支部を卒業し、伝道師としてキリスト教の布教に従事した[1][2][3]

1901年から臨時沖縄県土地整理事務局で測量に従事[1][4]1904年、熊本移民 (合) の沖縄代理店を開設し、5カ年[注 1]にわたりハワイメキシコ南洋諸島へ移民約5千人を送り出した[1][3]。その後、呉服業、沖縄実業銀行監査役、沖縄書籍社長、沖縄書籍雑誌商組合長、大城無尽商会主などを務めた[1][2][3][4]

政界では、小禄村会議員、島尻郡会議員、沖縄県会議員などを務め[1][2][3][4]1925年、多額納税者議員に選出され、同年9月29日、同議員に就任し[5]1932年9月28日まで一期在任し[2]、この間、交友倶楽部に所属して活動した[2]

その他、牛馬耕の実演、普及に務め、沖縄県の農事改良に貢献した[1][3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『沖縄県人事録』65頁では4年。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『沖縄大百科事典』上巻、397頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』191頁。
  3. ^ a b c d e f g 『沖縄県人事録』65頁。
  4. ^ a b c 『出版文化人名辞典』第4巻、沖縄県名鑑篇1頁。
  5. ^ 『官報』第3931号、大正14年9月30日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 日本図書センタ−編『出版文化人名辞典』第4巻、日本図書センタ−、1988年。(『全国書籍商総覧 昭和10年版』復刻)
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』上巻、沖縄タイムス社、1983年。
  • 沖縄朝日新聞社編『沖縄県人事録』沖縄朝日新聞社、1937年。