大垣市立西小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大垣市立西小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大垣市
設立年月日 1871年
共学・別学 男女共学
所在地 503-0974
岐阜県大垣市久瀬川町6丁目110番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

大垣市立西小学校(おおがきしりつ にししょうがっこう)は、岐阜県大垣市にある市立小学校

新馬場町、切石町1・2丁目、船町3~7丁目、久瀬川町1~7丁目、日の出町1・2丁目、南切石町1・2丁目、今町1・2丁目、若森町1~4丁目、木戸町(一部)、南若森町、南若森町1~6丁目、本今町、本今1~6丁目、青柳町1~4丁目、割田町、割田1丁目(一部)、2丁目(一部)、3丁目(一部)、外野町、宝和町が校区である[1]

沿革[編集]

  • 1871年(明治4年) - 安八郡久瀬川村の中組稲荷神社集会所に仮校を開設。
  • 1872年(明治5年) - 個人宅に移転。その後廃止。
  • 1873年(明治6年) - 久瀬川義校が開校。
  • 1875年(明治8年) - 5番小学校に改称。その後久瀬川学校に改称。
  • 1877年(明治10年) - 13番小学校に改称する。
  • 1880年(明治13年) - 校区が久瀬川村のみとなる。
  • 1886年(明治19年) - 久瀬川尋常小学校に改称する。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 大垣城城下、大垣宿の地域[2]。久瀬川村、切石村、西崎村、室村、宮村、高屋村、藤江村、南村、南寺内村、世安村、今村の一部[3]、林本郷村、不破郡若森村の一部[4]高橋村の一部[5]が合併し、大垣町が発足。
  • 1917年(大正6年) - 大垣町立西尋常小学校に改称する。
  • 1918年(大正7年) - 大垣町が市制施行。同時に大垣市西尋常小学校に改称する。
  • 1941年(昭和16年) - 大垣西国民学校に改称する。
  • 1945年(昭和20年)7月28日 - 大垣空襲を受けるが建物の被害は無し。被災した大垣市静里国民学校(現・大垣市立静里小学校)に建物の一部を貸与する。
  • 1947年(昭和22年) - 大垣市立西小学校に改称する。
  • 1951年(昭和26年) - 新校舎本館の第1期工事完成。
  • 1954年(昭和29年) - 新校舎本館の第2期工事完成。
  • 1955年(昭和30年) - 新校舎本館の第3期工事完成により、本館が完成。
  • 1958年(昭和33年) - 新校舎新館(北舎)鉄筋第1期工事完成。
  • 1959年(昭和34年) - 新校舎新館(北舎)鉄筋第2期工事完成により、新館(北舎)が完成。
  • 1967年(昭和42年) - 新館増築。
  • 1972年(昭和47年) - 新館増築。
  • 1980年(昭和55年) - プール完成。
  • 1981年(昭和56年) - 体育館、特別教室完成。

脚注[編集]

  1. ^ 大垣市立小中学校の通学区域等を定める規則
  2. ^ 大垣郭町、大垣宮町、大垣袋町、大垣外側町、大垣桐ヶ崎町、大垣栗屋町、大垣田口町、大垣弓町、大垣旗町、大垣室町、大垣鳩部屋町、大垣鳥見町、大垣番組町、大垣牛屋町、大垣西長町、大垣東長町、大垣鷹匠町、大垣馬場町、大垣新馬場町、大垣岐阜町、大垣歩行町、大垣高橋町、大垣東代官町、大垣西代官町、大垣新地町、大垣清水町、大垣伝馬町、大垣中町、大垣魚屋町、大垣本町、大垣南新町、大垣北新町、大垣竹島町、大垣俵町、大垣東船町、大垣西船町、大垣田町、大垣田町堤通、大垣西田町、大垣東今岡町、大垣西今岡町、大垣東主水的、大垣西主水町、大垣切石町。
  3. ^ 宇北裏、村東。今村は1889年に合併で南杭瀬村
  4. ^ 宇石田、勝沼分、町浦、北田分、堤外の一部、井川上河原畑の一部。若森村は1889年に合併で南杭瀬村
  5. ^ 宇代官町東、新地前、狐堀、村西、堤際のうち新規川(水門川支流)より西の地域。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]