大坂谷啓生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大坂谷 啓生
Eagles oosakayahiroki 150523.JPG
楽天育成選手時代
(2015年5月23日 阪神甲子園球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県つがる市
生年月日 (1992-11-09) 1992年11月9日(24歳)
身長
体重
179 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2014年 育成選手ドラフト 2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大坂谷 啓生(おおさかや ひろき、1992年11月9日 - )は、青森県つがる市出身[1]プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

豊川小学校2年生の時に投手として野球を始めると、稲垣中学校の軟式野球部では捕手としてプレーした。弘前学院聖愛高校では2年生の時に外野手に転向した[1]

青森中央学院大学では2年生時の秋季リーグと3年生時の秋季リーグで北東北大学野球リーグのベストナイン(外野手)を獲得した[1][2]

2014年のプロ野球育成ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから2巡目で指名[3]。支度金200万円、年俸240万円(金額は推定)という条件[1]で、育成選手ながら、楽天球団の新人選手では初めての青森県出身者[4]として入団した[5]。弘前学院聖愛高校および青森中央学院大学でのプレーを経験した選手が、NPBに入った事例は史上初めてであった[1]

楽天時代[編集]

2015年には、イースタン・リーグ公式戦44試合に出場。打撃面では1打点、打率.129と振るわず、本塁打を放てなかった。

2016年には、イースタン・リーグ公式戦1試合に出場しただけで、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[6]10月31日に、NPBから自由契約選手として公示[7]

楽天退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。シートバッティング形式の対戦では、5人の投手を相手に、3打数1安打3四球2三振という結果を残した[8]。その一方で、西原圭大(前広島東洋カープ)の登板中には、遊撃の守備で連続失策を犯している[9]

選手としての特徴・人物[編集]

  • 大学生時で50メートル走のタイムは5秒9。遠投110メートル[1]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 123 (2015年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 【楽天】球団初の青森出身・大坂谷「一日も早く」支配下へ スポーツ報知 2014年11月20日掲載
  2. ^ 新着情報一覧(2013/9/29(日) 2013年度北東北大学野球秋季1部リーグ戦 個人賞およびベストナイン)(2012/9/24(月) 2012年度 北東北大学野球秋季リーグ戦) 北東北大学野球連盟
  3. ^ 【2014年ドラフト会議】「契約交渉権獲得」選手のお知らせ 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  4. ^ 【楽天】育成2位・大坂谷、愛称は「ねぶた」新人初の青森出身 スポーツ報知 2014年12月2日掲載
  5. ^ 2015年度:新入団選手発表会 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年12月11日配信
  6. ^ 来季の選手契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  7. ^ 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  8. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  9. ^ “【速報トライアウト】前巨人・田原、無安打で抑える、前楽天の大坂谷は、痛恨の連続エラー”. スポーツ報知. (2016年11月12日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161112-OHT1T50173.html 2016年11月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]