ダイノジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大地洋輔から転送)
Jump to navigation Jump to search
ダイノジ
DIENOJI
メンバー 大地洋輔
大谷ノブ彦
結成年 1994年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1994年 -
影響 ビートたけしとんねるず
出会い 中学校時代
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 大谷ノブ彦
現在の代表番組 ダイノジ THE MOVIE
どぉーだ!Presents タカトシ牧場
SCHOOL NINE
過去の代表番組 ダイノジのちゅど〜ん!
BANG! BANG! BANG!
大人のコンソメなど
同期 タカアンドトシ
モリマンなど
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ダイノジは、大地洋輔大谷ノブ彦によるお笑いコンビである。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。同期にはモリマンなどがいる。

メンバー[編集]

大地はダイチ大地洋介おおち大地洋輔、大谷はビック谷大谷伸彦大谷ノブヒコ大谷ノブ彦とそれぞれ4度改名している。理由は、2006年に開運アドバイザー安斎勝洋に「今のままだと良いことが起きてもすぐ悪いことが起きる」とアドバイスを受けたことと、大地がエア・ギター世界大会2006で優勝したが、その後左足を骨折したことから。

来歴[編集]

芸風[編集]

コントと漫才の両方を行っている。

漫才では大谷がボケ、大地がツッコミを担当しているが、コントではネタによって入れ替わる。元々は大地がボケ担当であったが、ツッコミに転向した。代表的なコントネタは『爆笑オンエアバトル チャンピオン大会』でも披露された「小西君」など。

大地の恰幅のよい体格を生かしたボケ・ツッコミが多く、「ほらこんなにからとんこつスープを出しちゃって」というボケに「汗だよっ!!」というツッコミや、「その前足が…」というボケに「前足じゃなくて、手!」というツッコミ、「ヘイ、タクシー!」「手がみじけーよ!」など。またオーバーリアクションを生業とする、やや古さをあえて感じさせるコントなどを得意とする。アメリカなどのコメディーのパロディや、'80年代漫才ブームやそれ以前のスタイルなどをベースとしている。

漫才などのツカミとして「ウーン」と溜めて呼吸を合わせてジャンプしながら「ダーイッ!」と言って「」の人文字をやる。

また、2000年代後半のショートネタブームに合わせて、やすしきよしツービート青空球児・好児等の昭和漫才師のパロディを意識したアレンジネタも行っていた。

後に『爆笑レッドカーペット』などのショートネタ番組では、自己紹介のはずが大谷が延々と蘊蓄を語り出し、大地が「長えよ!」とつっこんだだけで持ち時間が終わってしまう漫才を行うようになった。自己紹介が長いというネタはかつてオンエアバトルなどでも披露していた。

大地は個人での一発ギャグを多数持っており、多くの番組で披露している。

エピソード[編集]

コンビ名[編集]

コンビ名の由来は、「地」、「谷」、「分県出身」の3つの「大」の字があったため。また、英語でコンビ名を表記する場合、よく使用される「dainoji」は誤表記であり、「dienoji」が正しい。「die」は文字通り「死」を表している。大地の兄である大地大介(ex.BEYONDS)がINDIES MAGAZINE vol.12で語ったところによると、コンビ名の由来は、大地の父親が大の字になって死んでいたからだという。第一発見者は大地であり、そのとき理由は分からないが、「ヤバイ」と思って慌てて学生服に着替えた、と言うエピソードが残る。

なお、ケツメイシのシングル『』のミュージック・ビデオ出演時、映像の中では大地が大谷に「ダイノジに寝るなよ」と言ったときに思いついた、という設定になっているが、これは創作である。

その他[編集]

大地洋輔
  • 大地の母の名前は紀世(キヨ)。漫才中には幾度も大谷から「キヨ」が連呼されることがある。『爆笑オンエアバトル』の福岡収録に出演した際は、大地と大谷の母、共に会場に足を運んだ。
  • 糖尿病を患っている。デビュー当時は70kgだったが、炭水化物好きが高じて104kgまで増えた。「動けるデブ」として一躍ブレイクするものの、2008年に糖尿病を宣告されると、娘が生まれたことも相まって80kgまで減量した。
  • 2016年2月20日放送分の『めちゃイケ』にゲストとして出演した際、『めちゃイケ』の新メンバーオーディションで争った番組レギュラーの三中元克がプロ芸人への転向を志望し、正式によしもとクリエイティブ・エージェンシーに合格した事が発表されると、これに待ったをかけ、「素人さん(扱い)で入ってさ、(番組から与えられた企画)やってみてさ、やっぱしんどいから辞めるって(言って逃げて)さ。『じゃあ次はプロの芸人でやる』って、それ(理由として)おかしいでしょうよ!?」「最初のオーディションの時は“素人”として三中に負けたから、納得できる部分もあったよ。でも(自分達と同じ)“プロ”の土俵に上がってくるっていうんだったら、話は別だよ! プロになるって言うなら、もう一回スタート立ってオーディション受けろよ!!」と涙ながらに檄を飛ばし、これをきっかけに三中のメンバーオーディションやり直しが正式に決まった[4]
大谷ノブ彦

ダイノジと音楽[編集]

エアギター[編集]

  • 大地は「日本エアギター選手権2006」に出場し、2年連続世界大会4位の金剛地武志と同点優勝。その様子は『めざましテレビ』(2006年8月14日放送)にて一部紹介された。さらに日本代表としてフィンランドオウルで行われる「世界エア・ギター選手権2006」に出場し、初出場にして初優勝の快挙をとげた。
    • 披露した曲はJETの「Are You Gonna Be My Girl」。大地のエアギターを見た、当のJET本人達は抱腹絶倒したらしく、のちの共演に繋がる。
    • エアギター歴は日本大会の時点で2日だった。ギターについては全く弾けない。
  • JETの新アルバム『SHINE ON』の日本版CMに起用され、CMには大谷も「エアボーカル」として参加。
  • 2006年10月、大地はルミネtheよしもとの舞台で左足を骨折し、しばらくは動きの少ないスタイルや座ってできるスタイルでパフォーマンスをした。
  • 2006年12月、『第57回NHK紅白歌合戦』にゲスト出演し、大地のエアギターと大谷のエアボーカルが披露された。
  • 2007年2月、JETの武道館ライブにおいて、エアギター世界大会で使用した曲である「Are You Gonna Be My Girl」で共演を果たし、本人たちの前でエアパフォーマンスを披露した。
  • 2007年9月、「第12回世界エア・ギター選手権」で史上2人目となる大会2連覇を達成した。しかし2008年は6位で終わった。

番組出演[編集]

現在のレギュラー[編集]

テレビ

ラジオ

過去のレギュラー[編集]

テレビ

ラジオ

単発・不定期出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ネット配信[編集]

ニコニコ公式生放送[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

  • くさデカの本 2004 - 2005 視聴者が選んだ自慢の美食(アレ)BEST100

DVD[編集]

単独[編集]

  • 「俺道」
  • 「KING OF LIVE」(ダイノジ10周年記念ベストコントライブ)
  • 「I LOVE TOKYO」

単独以外[編集]

  • 「M-1グランプリ2002」
  • 「吉本興業×テレビ東京『ぷっちNUKI』プレゼンツ 新宿南口連続殺人事件」
  • 「大人のコンソメ」
  • 「ケツの穴〜初級篇〜」(ケツメイシ
  • 「TRICERATOPS SHORT FILMS IV」(TRICERATOPS)ナビゲーターを担当

書籍[編集]

  • 「俺、ダイノジ」
  • 「エロス」(大谷 自費出版写真集)

単独ライブ[編集]

  • 2001年
    • 3月22日 - 24日 - 「無」(アムラックスホール/東京)
    • 3月25日 - ダイノジ大全集「KING OF LIVE」(アムラックスホール/東京)
    • 8月12日 - 「大☆大☆ダイノジその3」(アムラックスホール/東京)
  • 2002年
    • 2月11日 - 「俺、ダイノジ」(新宿シアターアプル/東京)
  • 2003年
    • 1月24日 - 「大☆大☆ダイノジ」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 2月14日 - 「童貞チョコレート」(新宿シアターモリエール/東京)※男子限定イベント
    • 8月1日 - ダイノジ全国ツアー「俺道〜NO WAY〜」(電車通り8丁目スタジオ/北海道)
    • 8月10日 - ダイノジ全国ツアー「俺道〜MY WAY〜」(ヤクルトホール/東京)
    • 8月16日 - ダイノジ全国ツアー「俺道〜NO WAY〜」(吉本ゴールデン劇場/福岡)
    • 8月23日 - ダイノジ全国ツアー「俺道〜MY WAY〜」(イズミティ21小ホール/宮城)
  • 2005年
    • 12月12日 - 14日 - 「2005冬 I LOVE TOKYO」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 2007年
    • 8月13日 - 「豊後の虎 IN 佐伯」(佐伯市保健福祉総合センター 和楽/大分)
  • 2009年
    • 7月12日 - ダイノジ芸歴15周年記念単独公演「人生漫才」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 12月17日 - ダイノジ芸歴15周年記念単独ライブ大阪公演「人生漫才」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]