大和正樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大和正樹
生誕 (1954-01-01) 1954年1月1日(63歳)
日本の旗 日本新潟県南魚沼郡大和町(現・南魚沼市
国籍 日本
活動期間 1977年 -
ジャンル 少女漫画少年漫画青年漫画
代表作 紅のサウスポー
みあげた玉三郎
あげちゃう! 女教師
パパは大モノ!
テンプレートを表示

大和 正樹(やまと まさき、1954年1月1日 - )は、日本漫画家新潟県南魚沼郡大和町(現南魚沼市)出身。他に小島 正春小島 一将マサ小島など別名義による作品もあり。ペンネームの由来は、出身地である大和町より。

デビュー後は小島正春名義で少年漫画誌を中心に作品を発表していたが、『プレイコミック』にて出世作となる『あげちゃう! 女教師』を大和正樹名義で発表、以後青年誌に活動の場を移す。他の代表作に『パパは大モノ!』、少年誌で『みあげた玉三郎』など。

経歴[編集]

少年時代[編集]

中学生の頃、漫画雑誌を読んで漫画家を志すようになり、手塚治虫横山光輝に自分で描いた漫画を送っていたが、ある日横山から「漫画はペン描きで最後まできちんと読み切る形で描くものだよ。漫画をたくさん読みなさい」と書かれた返事を受け取り、感激して漫画家への思いを一段と高めた。高校時代、野球部に所属し甲子園を目指すが、予選で敗退する。これによりプロ野球選手への夢と決別し、もう漫画しかないと考え、18歳の時に手塚プロダクションアシスタントに応募した。しかし返事が来なかったため落選したと判断した大和は、就職活動の結果、東京の印刷会社に内定。この後、手塚プロから採用通知が届くが、既に内定を取っていたため辞退した。大和はこの一件を振り返って「もったいないことをした」と語っている。

デビューまで[編集]

上京し、会社勤めを始めるが、漫画を描く時間が欲しかったため1年弱で退社し、ガソリンスタンドでアルバイトをしながら漫画を描き続けた。この勤務先で大東豊治と知り合い、漫画の手伝いをするようになる。これが縁となって貴志元則に紹介され、約1年間アシスタントを務めながら貴志に師事し、漫画の基本を学ぶ。貴志のアシスタントとして働く間、集英社の手塚賞に応募し、1977年、第11回手塚賞にて『大空にたつ』(マサ小島名義)で佳作受賞。この後、集英社からの勧めで再度手塚賞に応募するが選外となる。しかしこれがきっかけで『月刊少年ジャンプ』に読み切り作品が掲載され、デビューを果たした。

デビュー後[編集]

小島正春名義で『月刊少年ジャンプ』に読み切りをさらに1本発表した後、1978年、『週刊少年ジャンプ』で「白い狩人(ハンター)」「野性のバイブル」などを連載開始。同年、『週刊マーガレット』で『紅のサウスポー』を連載するが、少女誌読者の感性に合った漫画を描く事に「無理がある」と感じ、連載終了を自ら申し出た。1980年には、『週刊少年チャンピオン』で『キッカー烈男』を連載。 同年、ペンネームを“小島一将"に変更し、原作者・林律雄とのコンビで『少年サンデー増刊』(小学館)に連載した『みあげた玉三郎』は好調だったが、『青空スタンバイ』は後半のストーリーが駆け足で終わるなど少年誌でも伸び悩む[1]

転機となった1987年には、“大和正樹"として『プレイコミック』に掲載された『あげちゃう! 女教師』がヒット。その後は、青年誌を中心に『パパは大モノ!』『秘書はマドンナ』等の作品を発表している。

主要作品[編集]

少女誌[編集]

クロスオーバー誌[編集]

少年誌[編集]

青年誌[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「青空スタンバイ」双葉社100てんランドコミックス(1982年)
  2. ^ 白泉社が初の男性向けに発行した「少年ジェッツ」連載だが、執筆陣は魔夜峰央など少女誌メインの作家も多く参加している。
  3. ^ モンスターハンター関連の同字異音の菓子「白い狩人(しろいかりびと)」とは関係がない。
  4. ^ 連載当時は小島正春名義だったが、コミックス等の表記は「小島一将」に改まっている。
  5. ^ 「週刊少年チャンピオン」1981/1/1号より「小島一将」に改名している。