大友氏遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
大友氏館
大分県
城郭構造 守護館
築城主 大友氏泰(?)
築城年 14世紀後半[1]
廃城年 天正14年(1586年)焼失
遺構 居館跡、万寿寺跡

大友氏遺跡(おおともしいせき)は、大分県大分市顕徳町一帯にある大友氏館(大友館)跡を中心とする中世の遺跡。2001年8月13日に「大友氏館跡」(おおともしやかたあと)として国の指定史跡に指定された後、累次追加指定が行われており、2005年3月2日に旧万寿寺跡地区が追加された際に名称が「大友氏遺跡」に改められた。2014年10月6日には上原館跡の一画が、また、2015年10月7日には推定御蔵場跡が追加指定されている[2]

概要[編集]

中世に豊後国守護となった大友氏の大友氏泰は、現在の大分市市街地の東部、当時大分川の河口であった付近(現在の大分市顕徳町)に館を構え、この館を中心とする大友氏の城下町は府内と呼ばれた。中世の府内は東西約0.7km、南北約2.2kmに及び、その中心となる大友氏館は一辺約200mの四辺形で、典型的な守護館であったと推定されている。

最盛期にはほぼ九州一円を支配した大友宗麟キリスト教を保護し、との貿易や南蛮貿易を行った。戦国時代の府内は、大友氏の城下町として、また、外国との貿易港として栄え、1557年弘治3年)には日本で初めての西洋式の病院が開設され、1580年天正8年)にはコレジオ神学院)が設置されるなど、南蛮文化が花開いた。しかし、ルイス・フロイスの『日本史』によれば、府内は1586年(天正14年)の島津家久の侵攻の際に焼き討ちに遭い、壊滅したとされる。

かつては、大友氏の居館は本遺跡の南側の上野丘陵に位置する上原館(うえのはるやかた)であったと考えられてきたが、1990年代後半から行われている発掘調査によって、その北側の平地に位置する大友氏館の存在が明らかになった。この発掘調査では、15世紀から16世紀にかけての庭園遺構や整地層、掘立柱建物跡等が発見され、大型の建物の存在が推定されている。また、周囲からは明との貿易や南蛮貿易によってもたらされた華南や東南アジアの多数の陶磁器や、キリシタンの遺物であるコンタツ(ロザリオ)やメダイ(メダル)が出土している。出土した陶磁器の多くには、炎熱の痕が認められ、大友氏館周辺が焼き払われたことを物語っている。

大分市では大友氏館跡について、2019年度までに庭園を、また、2029年度を目途に館の中核施設(主殿)を復元するなど、歴史公園として整備する方針である[3]。このうち庭園の公開は2020年4月を予定している[4]

旧万寿寺跡[編集]

万寿寺は、1306年徳治元年)に大友貞親によって建立された大友氏の菩提寺で、大友氏館の南東(現在の大分市元町)に位置していた。禅宗様伽藍配置を持ち、門前に五重塔が建立されていたと伝えられている。室町時代には十刹に数えられるなど、高い寺格を持つ寺であった。この寺も大友氏館と同様に1586年(天正14年)の島津氏侵攻の際に焼失したとされる。現在の万寿寺は1631年寛永8年)に北方約500メートルの金池町に移転し、再興されたものである。

旧万寿寺の遺構からは、「紅地金襴手宝相華文碗」(こうじきんらんでほうそうげもんわん、国内初出土)や「褐釉陶器水注」(かつゆうとうきすいちゅう、国内で2例目の出土)といった貴重な陶磁器等が発掘されている。

上原館[編集]

上野丘陵の北部にあった館で、館跡は東西130m、南北156m[5]。現在は土塁の跡が残っている[6]1597年慶長2年)に福原直高府内城を築いた際に廃されたとされる。

展示施設[編集]

南蛮BVNGO交流館[編集]

大友氏遺跡からの出土品の展示等を行う施設。大分市元町にあった大友氏遺跡体験学習館[注 1]を移転、リニューアルして、2018年10月1日に開館[4][9][10]

  • 所在地:大分市顕徳町三丁目2番45号
  • 開館時間:9:00-17:00(入場は16:30まで)
  • 休館日:
    • 毎週月曜日(ただし、第1月曜日・祝日は開館し翌日休館)
    • 年末年始(12月28日-1月4日)
  • 入館料:無料[11]

大分県立埋蔵文化財センター[編集]

2017年4月に大分市牧緑町の旧大分県立芸術会館跡に移転し、新たに大友氏遺跡の出土物等を展示する「BVNGO(ぶんご)大友資料館」が設けられた。

大友氏館を舞台とした作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大友氏遺跡の指定地域内(大分市大字大分4257番地の1)に、2008年4月25日に開館[7]。南蛮BVNGO交流館としての移転・リニューアルに伴い、2018年9月17日に閉館[8]

出典[編集]

  1. ^ 史跡大友氏遺跡整備基本計画(第1期) 第2章 史跡大友氏遺跡の立地・環境 (PDF) 大分市
  2. ^ 国指定史跡「大友氏遺跡」の追加指定についてお知らせします”. 大分市. 2016年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月8日閲覧。
  3. ^ “大友氏遺跡PR強化 観光面の魅力高める 大分市教委”. 大分合同新聞. (2017年8月22日). オリジナル2017年8月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170821213442/https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/08/22/JD0056071990 
  4. ^ a b “宗麟に出会える場 CGシアターや遺跡出土品展示”. 大分合同新聞. (2018年9月18日). オリジナル2018年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180917235539/http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/09/18/JD0057324954 
  5. ^ “「宗麟の海」を訪ねて(6) 上原館”. 大分合同新聞. (2016年8月2日). オリジナル2016年8月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160803211055/http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/08/02/131904993 
  6. ^ 大友館跡(上原館) 大分市観光協会
  7. ^ 大友氏遺跡体験学習館のご案内”. 大分市こどもページ. 大分市. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月7日閲覧。
  8. ^ 大友氏遺跡体験学習館は閉館しました”. 大分市 (2018年9月18日). 2018年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月8日閲覧。
  9. ^ “「大友宗麟に会える」 業績や半生を映像で紹介 大分市に「南蛮BVNGO交流館」オープン”. 西日本新聞. (2018年10月2日). オリジナル2018年10月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181002005828/https://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/454229/ 
  10. ^ “宗麟の生きた時代体感 大分市、大友氏館跡に開館”. 大分合同新聞. (2018年10月2日). オリジナル2018年10月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181008081743/https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/10/02/JD0057371502 
  11. ^ 9月30日に南蛮BVNGO交流館がオープンします”. 大分市 (2018年9月20日). 2018年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度13分44.2秒 東経131度37分9.1秒 / 北緯33.228944度 東経131.619194度 / 33.228944; 131.619194