大原 (竹富町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大原・玉盛スーパー前を走る西表島交通の路線バス

大原(おおはら)は、沖縄県八重山郡竹富町の地名。八重山諸島西表島南東部に位置する。現在、小字としての「大原」という地名は廃止されており、近隣のいくつかの地域と併せて「沖縄県八重山郡竹富町南風見」の一部となっている。

概要[編集]

仲間港(大原港)

西表島南東部、仲間川の南側に拡がる集落。1938年1941年、西表島南東の沖合に浮かぶ新城島の農民が集団移住して形成された[1]、西表島の入植地としては比較的新しい地域である。

この地区に位置する仲間港(通称・大原港)は、西部の上原港と共に、西表島と島外を結ぶ定期船が発着する港として重要な地位を占めている。石垣港と上原港を結ぶ航路は石垣島の北側を通るため、北寄りの風が強い冬季には波風の影響を受けやすく高速船の欠航が頻発することから、代替バスで仲間港 - 上原港間の送迎が行われることも多い[2][3]こうした事情により、現在では西表島における交通・経済の中心地となっており、商店やレンタカーの店舗が港から集落にかけて多く立地している[要出典]

竹富町役場移転問題[編集]

竹富町は旧八重山村を分村して発足した1914年から1938年まで村役場を琉球王国時代に八重山列島一帯の番所を統括する蔵元が置かれていた竹富島に設置し[4]、これが村名の由来となったが1938年に島同士の往来が不便であったことを主な理由に、村外の石垣島役場を移転。以後、現在に至るまで町外に役場を置く特殊な体制が採られている[4]。竹富町と同様に役場を自治体の外に常設しているのは、鹿児島県鹿児島郡三島村十島村(いずれも鹿児島市に役場を設置)だけである[5]

役場が町外にあることで職員の多くが石垣市に住民票を置いており竹富町に税収が入らないことや[6]、役場を誘致することで町内の人の行き来を活性化させることなどを主な目的として石垣市から大原に町役場を移転させる構想が古くから存在し[7]、2002年には町議会でが町役場庁舎の早期移転を求める決議が賛成多数で可決されている。

これに対し、竹富町の財政状況への不安や石垣市へ買い出しに行く際に役場へ立ち寄る生活スタイルが定着していること、台風石垣港と町内各島を結ぶ航路が欠航した場合など緊急時の対応に不安があることなどを理由に移転に反対する声も根強く[要出典]、町長選挙や町議会議員選挙においても毎回、役場移転が大きな争点となってきた。

2015年11月30日に実施された新庁舎の建設場所を問う住民投票では、大原への移転賛成が1,459票(55.2%)を集めて、過半数を占めた[8]。住民投票の結果に法的な拘束力はないものの、住民投票条例では町長及び町議会は投票結果を尊重するとされており[9][10]。川満栄長竹富町長は、2017年度中の新庁舎着工を目指すとしている[11]

主要な施設[編集]

なお、竹富町立大原中学校は、大富地区(字南風見仲)に所在する。

名所・旧跡[編集]

  • 大原神社
  • 大原創立草分けの父 大桝久雄氏之像

脚注[編集]

座標: 北緯24度16分19秒 東経123度52分50秒 / 北緯24.27194度 東経123.88056度 / 24.27194; 123.88056