大原智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大原 智子 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオハラ トモコ
ラテン文字 OHARA Tomoko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1957年????
出身地 三重県伊勢市
選手情報
ポジション MF
代表歴
1981  日本 1 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大原 智子(おおはら ともこ、1957年 - )は、三重県出身のサッカージャーナリスト女子サッカー選手。元サッカー日本女子代表。日本女子代表での登録ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

三重県伊勢市出身[1]

1976年に実践女子大学に入学した後に学内にサッカー同好会を作ったのがきっかけでサッカーを始め、望月三起也(漫画家)が結成していた女子サッカーチーム「ワイルド11レディース」との練習試合を行ったことで望月との縁が出来る[2]。望月の肝煎りで出来た女子サッカーリーグ「チキンフットボールリーグ」にて、実践女子大学サッカー同好会選手としてプレーし[2]、大学卒業後の1980年には実践女子大学時代の同窓生らとサッカーチーム「FC PAF」を結成した[1][2]

1981年にサッカー日本女子代表に招集され、同年9月9日、『ポートピア'81国際女子サッカーフェスティバル』に於けるイタリア代表との試合でデビューした[3][4]。この試合では0-9で敗れ、これは日本代表の歴史で最大の点差での敗戦である。大原の日本代表での出場はこの1試合のみである[5]

現在はサッカージャーナリストとして活動しつつ、現役選手としてプレーを続けている[1][2]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 1試合(1981)

[3]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1981 1 0
通算 1 0

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大原智子、大住良之 『がんばれ!女子サッカー』岩波書店〈岩波アクティブ新書〉、2004年、表紙裏・165-168頁頁。ISBN 4-00-700120-0 
  2. ^ a b c d 大原智子 (2016年4月7日). “望月三起也先生が逝ってしまった・・・”. ボールと昼寝. 2019年6月19日閲覧。
  3. ^ a b なでしこジャパン(日本女子代表)試合別出場記録 (PDF)”. 日本サッカー協会. 2019年6月19日閲覧。
  4. ^ 大原智子 (2015年6月1日). “34年後のイタリア戦”. ボールと昼寝. 2019年6月19日閲覧。
  5. ^ なでしこジャパン(日本女子代表)選手個人記録(出場試合数ランキング) (PDF)”. 日本サッカー協会. 2019年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]