大北はるか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大北はるか
プロフィール
主な作品
テレビドラマ好きな人がいること
刑事ゆがみ
グッド・ドクター
ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜
受賞
第4回TBS連ドラ・シナリオ大賞入選
「爆弾を訊ねて」
テンプレートを表示

大北 はるか(おおきた はるか)は、日本脚本家早稲田大学商学部卒業。主にフジテレビ制作のドラマの脚本を担当する。

経歴・人物[編集]

ドラマデザイン社内のSCENARIOINCUBATION(シナリオインキュベーション)20期生。また、日本脚本家連盟スクール研修科93期生でもある。[1]森下佳子脚本の『世界の中心で、愛をさけぶ』を見たことでドラマの世界に興味を持ち、大学在学中にシナリオの書き方に関する講義を受けたことで、脚本家を志すようになった。[2]

2014年に第4回TBS連ドラ・シナリオ大賞において、『爆弾を訊ねて』で入選。

2015年、『テディ・ゴー!』で地上波放送のテレビドラマ脚本家デビューを果たす。正確な生年月日は公表されていないが、2015年時点で20代半ばであった。[3]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ネット配信ドラマ[編集]

著書[編集]

  • 公式シナリオブック 好きな人がいること(2016年9月、LINE桑村さや香との共著
  • 刑事ゆがみ(2017年11月、小学館文庫)脚本表記

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015/11/06 研修科修了生の大北はるかさん執筆「ポセイドンの罰」 11月30日(月)午後9時から放送!!”. 日本脚本家連盟スクール (2015年11月6日). 2017年11月3日閲覧。
  2. ^ 脚本家になるには書くこと を通じて多方面で活躍できるスキルを身につける/脚本家 大北はるかさん”. シナリオ・センター. 2020年4月10日閲覧。
  3. ^ 大北はるか(20期)が脚本デビュー”. ドラマデザイン社 (2015年9月18日). 2017年11月1日閲覧。
  4. ^ “片寄涼太&橋本環奈で「午前0時、キスしに来てよ」実写映画化!”. シネマトゥデイ. (2019年4月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0108225 2019年4月19日閲覧。