大前一樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大前 一樹(おおまえ かずき、1961年6月13日 - )は、日本フリーアナウンサー兵庫県出身。

関西メディアアカデミー代表。オリックス・バファローズシニアビジュアルプロデューサー。

経歴[編集]

関西学院大学文学部卒業後、1984年和歌山放送にアナウンサーとして入社。南海ホークス戦や高校野球和歌山県予選などを実況していたが、1988年シーズン終了をもってホークスが福岡に移転した為、和歌山放送のプロ野球中継がなくなり、退職を考えていたところ、同年にオーナーがオリックスに代わったブレーブスが球団職員を一般公募していることを知り応募。1990年、和歌山放送を退社し、オリックス野球クラブ(オリックス球団)に入社。

入社後はビジュアルプロデューサーとして、1991年の本拠地のグリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)移転を機に、日本で初めてとなる男性球場アナウンサーとしてDJ KIMURAを採用。「スタジアムDJ」というスタイルを作り上げた[1]。また、本拠地移転と同時に行われたブレーブスからブルーウェーブへの球団名変更にも携わっている。

1993年、親会社であるオリックスが出資していたスポーツ・アイ(現・J SPORTS)がブルーウェーブ戦の実況アナウンサーを探していたところ、かつて野球中継の実況経験のある大前に白羽の矢が立ち、アナウンサーとして復帰することになった。その後も引き続きオリックス球団に籍をおいているが、実況・リポートについてはオリックス戦以外(主に福岡ソフトバンク戦)、またラグビー、サッカー、MLBの試合も担当する。

J SPORTSのウェブサイトでコラムを書いているほか、Yahoo! JAPANのスポーツサイト「スポーツナビ」でのオリックス野球クラブ名義のコラムも大前が執筆している。本来の球団広報業務として、オリックス球団の記者会見やイベントの司会、監督インタビューを始めとする球団関連の代表質問等も多く担当している。

また、大阪府吹田市にて「関西メディアアカデミー」を立ち上げ、アナウンサー育成講座を行っている。

主な出演[編集]

過去[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]