大分県立野津高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大分県立野津高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大分県の旗 大分県
校訓 誠実 勤勉 親和
閉校年月日 2014年3月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 福祉科
学期 3学期制
高校コード 44134B
所在地 875-0201
大分県臼杵市野津町大字野津市537番地1
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大分県立野津高等学校(おおいたけんりつ のつこうとうがっこう)は、大分県臼杵市(旧・大野郡野津町大字野津市に所在した公立高等学校。全国で唯一の福祉科のみの福祉高等学校であった。 以下は、特記しない限り、閉校時点での情報である。

設置学科[編集]

所在地[編集]

  • 〒875-0201 大分県臼杵市(旧・大野郡)野津町大字野津市537番地1

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年) - 大分県立三重高等学校定時制課程野津校舎として開校[1]
  • 1951年(昭和26年) - 大分県立三重東高等学校定時制と改称。
  • 1953年(昭和28年) - 大分県立豊西高等学校定時制課程野津校舎と改称。
  • 1961年(昭和36年) - 野津校舎を野津分校と改称。
  • 1966年(昭和41年) - 独立して大分県立野津高等学校となる[1]
  • 1996年(平成8年)4月 - 福祉科設置。
  • 2001年(平成13年)4月 - 普通科募集停止。
  • 2003年(平成15年)4月 - 福祉科のみの単科高校となる。
  • 2014年(平成26年)3月1日 - 閉校。

高校再編[編集]

2008年(平成20年)1月9日に大分県教育委員会が公表した2010 - 2014年度の後期高校再編計画の検討素案においては、本校を廃止し、代替となる看護系学科を大分南高校に新設することが提案された[2]。この案に対して市民の間では存続を望む声が強く、後藤國利臼杵市長は市立高校への移管を検討するとともに、大分県教委に存続を働きかけた[3]。2008年(平成20年)8月27日に決定された最終案では、本校の廃止は覆らなかったものの、同じ臼杵市内の臼杵高校の学級数を当初案から2増とすることが盛り込まれた[4]

本校の募集は2012年度から停止されており、本校は、在学生が卒業する2014年(平成26年)3月2日に閉校した[5]。なお、本校が閉校する代替として2012年(平成24年)4月に大分南高校に福祉科が新設されている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 野津高で60周年式典”. 2012年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。 - 大分合同新聞、2008年11月8日(2008年12月2日閲覧)
  2. ^ 県教委 後期高校再編素案を発表 - 大分合同新聞、2008年1月10日
  3. ^ 高校再編:野津高廃止問題 県立から市立移管も-臼杵市長が検討/大分 - 毎日.jp(毎日新聞)、2008年2月29日
  4. ^ 由布高、中高一貫で一転「存続」 - 大分合同新聞、2008年8月28日
  5. ^ 学びやの歴史に幕 臼杵商高・野津高 大分合同新聞、2014年3月4日
  6. ^ 全日制2年ぶり増 3校が1学級ずつ 大分合同新聞、2011年10月1日

関連項目[編集]