大分県中部地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大分県中部地震
大分県中部地震の位置
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1975年(昭和50年)4月21日
発生時刻 2時35分51秒 (JST)
震央 日本の旗 日本 大分県大分郡湯布院町扇山・庄内町内山付近
北緯33度8分
東経131度20分(地図
震源の深さ 20km
規模    マグニチュード(M)6.4
最大震度    震度4:大分、阿蘇山
地震の種類 直下型地震
余震
回数 9回(有感)
36回(無感)
被害
死傷者数 負傷者22名
被害地域 大分県
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

大分県中部地震(おおいたけんちゅうぶじしん)は、1975年4月21日02時35分に大分県大分郡湯布院町扇山・庄内町内山付近(いずれも現在の由布市)を震源として発生した内陸直下型地震である。大分地震とも呼ばれている。

概要[編集]

九州内陸部を震源とする地震としては、1968年のえびの地震、1975年の阿蘇地震(いずれもマグニチュード6.1)を上回る戦後最大規模の直下型地震である[1]

なお、地震の名称は気象庁命名の正式なものではないが、大分県や研究者によって一般に用いられているものである。

地震の詳細[編集]

本震[編集]

各地の震度[編集]

  • 震度 4(最大震度)
    大分、阿蘇山
  • 震度 3
    延岡、福岡、日田、宇和島
  • 震度 2
    飯塚、松山、雲仙岳
  • 震度 1
    熊本、宮崎、都城、下関、山口、岡山
(気象庁発表による)

気象庁が発表した観測上の最大震度は4であるが、震源近くの庄内町内山や九重町寺床ではほとんどの家屋が全壊しており、震源付近では局地的に震度5以上の激しい地震であった可能性が指摘されている[2][3]

被害[編集]

(昭和50年4月24日16時現在、大分県警調べ)

  • 負傷者 - 22名
  • 住家破損
    • 全壊 - 58戸
    • 半壊 - 93戸
    • 非住家の全半壊 - 104戸
  • 道路・橋梁の損壊 - 185箇所

土木構造物・建造物の被害については、やまなみハイウェイで、道路法面や盛土の崩壊が発生した。また、山下湖湖畔にあった4階建ての九重レークサイドホテル(1965年完成)は、当時の建築基準を満たした鉄筋コンクリート構造の建物であったにもかかわらず、ホテル北東側の1階部分が完全に潰れて、3階建てのような外観を呈した。これは、東側部分には、エントランスホール、ロビー、売店等が集中しており、壁が少なく剛性が不足していたためと考えられた。1981年の建築基準法改正では、この事例をひとつのきっかけとして、俗に「新耐震」と言われる耐震基準が策定され、剛性率の規定が盛り込まれている[4]

市町村別の被害[編集]

  • 庄内町
    • 負傷者 - 5名
    • 建物全壊 - 31戸
    • 建物半壊 - 39戸
    • 道路破損 - 57箇所
    • 崖破損 - 40箇所
  • 九重町
    • 負傷者 - 11名
    • 建物全壊 - 41戸
    • 建物半壊 - 34戸
    • 道路破損 - 84箇所
    • 崖破損 - 98箇所
  • 湯布院町
    • 負傷者 - 6名
    • 建物全壊 - 0戸
    • 建物半壊 - 24戸
    • 道路破損 - 21箇所
    • 崖破損 - 36箇所
  • 直入町
    • 負傷者 - 0名
    • 建物全壊 - 5戸
    • 建物半壊 - 18戸
    • 道路破損 - 16箇所
    • 崖破損 - 4箇所[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、九州近海を震源とする直下型地震としては、2005年3月20日に発生したマグニチュード7.0の福岡県西方沖地震がある。
  2. ^ 1975年大分県中部地震について (PDF) 工業技術院地質調査所 衣笠義博、曽屋龍典
  3. ^ 活断層調査 大分県 平成15年度 別府-万年山断層帯に関する調査成果報告書 地震調査研究推進本部
  4. ^ 明日を守る~防災立県めざして~ 第2部 建築物 (2)耐震診断、耐震補強を急げ! 大分県中部地震で倒壊 大分合同新聞社、2006年
  5. ^ 大分県地震被害想定調査 第3編 過去の地震被害 3.1 大分県の過去に起こった地震 (PDF)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]