大分市立別保小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大分市立別保小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大分市
設立年月日 1875年
創立者 不明
共学・別学 男女共学
所在地 870-0127
大分県大分市大字森町963-1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

大分市立別保小学校(おおいたしりつ べっぽしょうがっこう)は、大分県大分市大字森町にある公立小学校

概要[編集]

1875年(明治8年)に設立された森町小学校と皆春小学校を起源に持つ。別保という地名は、専想寺柞原八幡宮に保管されている古文書に登場する「別保」という名前から取ったものである。また、特別支援教育の「なかよし(旧のびる)」もある。

校舎は本館・北校舎・南校舎の3棟から構成される。また別保小学校育成クラブ・別保公民館も同校敷地内に併設されている。

【児童数】

児童数はピーク時の1993年度で1432名、2012年度は975名。大分県下でも随一のマンモス校である。

  • 1991年度(平成3年)- 1431人
  • 1993年度(平成5年)- 1432人
  • 1995年度(平成7年)- 1379人
  • 2008年度(平成20年)- 833人
  • 2012年度(平成24年)- 975人
  • 2017年度(平成29年)-1034人

【沿革】

  • 1875年(明治8年)- 森町小学校・皆春小学校が建設される
  • 1887年(明治20年)4月1日- 皆春小学校と森町小学校が、それぞれ皆春尋常小学校、森町尋常小学校となる
  • 1889年(明治22年)4月1日- 皆春・森町・森の3つの村が合併し、別保村が設置される
  • 1892年(明治25年)- 森町尋常小・皆春尋常小が統合され、別保尋常小学校が誕生する
  • 1903年(明治36年)- 別保尋常小の卒業生達が、現在の別保校区公民館の前にの苗木を植える
  • 1968年(昭和43年)3月 - 北校舎が完成、校歌が制定される
  • 1975年(昭和50年)10月 - 開校100周年を記念して、記念式典が盛大に行われる
  • 1983年(昭和58年)3月 - 本館が完成

学校の特色[編集]

毎年、空き缶回収・車椅子贈呈活動を行っており、集めた空き缶を車椅子にかえて地元の老人福祉施設に贈っている。また運動会の組は、赤青緑黄に分かれる。

学校行事[編集]

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

学区[編集]

森の一部、葛木の一部。東陽中学校校区(校区南側) 鶴崎中学校校区(校区北側) 住居によって進学中学が変わるため、同小学校を卒業していても、中学が同じとは限らない

交通[編集]

JR日豊本線鶴崎駅から徒歩20分

著名な関係者[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯33度13分38.766秒 東経131度41分5.096秒