大分大学教育学部附属中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大分大学教育学部附属中学校
過去の名称 大分師範学校附属中学校
大分大学大分師範学校附属中学校
大分大学学芸学部附属中学校
大分大学教育学部附属中学校
大分大学教育福祉科学部附属中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人大分大学
校訓 高い学力
深い愛の心
堪え忍ぶ力
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 870-0819
大分県大分市王子新町1番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

大分大学教育学部附属中学校(おおいただいがくきょういくがくぶふぞくちゅうがっこう, Oita Junior High School Attached to Faculty of Education, Oita University)は、大分県大分市王子新町にある、大分大学 教育学部地図)附属の国立中学校

2016年(平成28年)4月の学部改称により、1999年(平成11年)以来17年ぶりに「大分大学教育学部附属中学校」の名称に戻った。

概要[編集]

歴史

1949年昭和24年)に開校した「大分師範学校附属中学校」を前身とする。2009年平成21年)に創立60周年を迎えた。

校訓

「高い学力・深い愛の心・堪え忍ぶ力」

校章

の花の絵を背景に、校名の「附中」の文字(縦書き)を置く。

校歌

タイトルは「青垣の山」。作詞は筒井清彦、作曲は後藤初男による。2名とも創立当初在職していた教諭。5番まであり、歌詞に校名は登場しない。

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)
    • 4月 - 「大分師範学校附属中学校」が現在地[1]に設立。
    • 5月 - 新制大学 大分大学の発足に伴い、 「大分大学大分師範学校附属中学校」に改称。
  • 1951年(昭和26年)4月 - 大分師範学校の廃止により、「大分大学学芸学部附属中学校」に改称。
  • 1954年(昭和29年)3月 - 新校舎(1)が完成。
  • 1958年(昭和33年)
    • 4月 - 新校舎(2)が完成。
    • 9月 プールが完成。
  • 1961年(昭和36年)11月 - 仏崎電車事故で附属中学校生徒3名が死亡。合同慰霊祭を執り行う。
  • 1965年(昭和40年)4月 - 体育館が完成。
  • 1966年(昭和41年)4月 - 学部改称に伴い、「大分大学教育学部附属中学校」に改称。
  • 1967年(昭和42年)4月 - 鉄筋新校舎が完成。
  • 1971年(昭和46年)11月 - 鉄筋新築校舎が完成。
  • 1972年(昭和47年)10月 - 運動場が完成。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 教育実習棟が完成。
  • 1986年(昭和61年)4月 - 購買部室を整備。
  • 1988年(昭和63年)3月 - コンピュータ教室を新設。
  • 1991年(平成3年)5月 - 武道場が完成。
  • 1996年(平成8年)9月 - ニュージーランドの旗ジョンポールカレッジ(ニュージーランド)と姉妹校協定を締結。
  • 1999年(平成11年)4月 - 学部名称に伴い、「大分大学教育福祉科学部附属中学校」に改称。
  • 1999年(平成11年)11月 - 創立50周年式典が行われる。
  • 2002年(平成14年)3月 - 新校舎E棟(4階建て)が完成。
  • 2005年(平成17年)8月 - ニュージーランドホームステイを開始。
  • 2015年(平成27年)7月 -ディベート甲子園九州大会優勝。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 学部改称に伴い、「大分大学教育学部附属中学校」(現校名)に改称。

部活動[編集]

運動部
文化部
同好会
  • ディベート同好会(部) ディベート同好会は、2015年に、九州大会優勝を果たした。2016年は、全国大会出場権も獲得した。2017年には九州大会準優勝、全国大会にて予選突破を成し遂げた。

著名な出身者[編集]

交通アクセス[編集]

最寄りの鉄道駅
上記2駅のほぼ中間に位置している。
最寄りのバス停
  • 「大分市営グランド前」バス停
    • 大分バス - 大分駅前より、「県立図書館(田室町)」行きのバスに乗車。
    • 大分交通 - 大分駅前より、「青葉台(田室町)」行きのバスに乗車。
最寄りの道路

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元大分聯隊跡。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]