大内輝弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大内 輝弘(おおうち てるひろ、永正17年(1520年) - 永禄12年10月25日1569年12月3日))は、戦国時代武将大内氏第14代当主・大内政弘の次男・大内高弘の子。子に大内武弘(たけひろ)。通称は太郎左衛門尉[1]。大内氏の第18代の当主とする場合もあるが、輝弘に実権は無かったとみられる。

生涯[編集]

大内氏の一族だが、父の高弘が謀反を起こして大友氏の下へ亡命していたため、豊後国で生まれた。はじめ隆弘、氷上太郎と名乗る[1]。大友氏のもとで寄食していたが、貧しく身分の低い暮らしをし、知るものも少なかった[2]天文23年(1554年)から永禄8年(1565年)の間に将軍・足利義輝より偏諱を賜い輝弘と名乗る[注釈 1]

大内輝弘の乱[編集]

永禄11年(1568年)、大友宗麟毛利元就北九州地域の覇権を巡って争った際、大友軍は毛利軍の攻勢の前に一時は壊滅の危機に立たされていた。宗麟の参謀である吉岡長増の進言により、宗麟は寄食していた大内輝弘に兵を与え、同年8月から9月にかけて若林鎮興らの大友水軍を付けて密かに海上から周防国秋穂に上陸させた。輝弘の率いる兵力は少なかったが水上戦では市川経好の軍を撃破した。

大内氏の一族だというので輝弘が周防国に入ると毛利氏の支配に抵抗する大内氏の遺臣がこれに呼応し、周防国の毛利軍はその大半を北九州の戦線に投入していたため、苦戦を強いられた。しかし高嶺城を守る市川経好夫人が少ない城兵を指揮して徹底抗戦したため、輝弘は山口の大内氏別邸築山館に入るに止まり、山口を完全に占領することができなかった。

輝弘の攻撃を知った元就は北九州攻略を諦め、即座に軍を返して吉川元春小早川隆景率いる精鋭を周防国に向かわせた。輝弘はその報を受けると山口での抵抗を諦め、海路での脱出経路を探るべく海沿いへ脱出するが、追撃厳しく富海(とのみ:現在の防府市)の茶臼山で自害した(大内輝弘の乱)。

輝弘の山口侵入によって毛利軍は本州に撤退せざるを得なくなり、大友氏は筑前国など北九州の毛利方の諸城の奪回に成功した。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1554年以前は義輝は「義藤」と名乗っていたので、それ以前に「輝」の字を賜っていないことは確かである。しかし1554年当時、輝弘は30歳を超えており、既に元服を済ませている筈だが、輝弘と名乗るまでに名乗っていた初名は不明である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『大内系図』
  2. ^ 『橘山遺事』

参考文献[編集]

関連項目[編集]