大倉一郎 (化学工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大倉 一郎
(おおくら いちろう)
生誕 1944年12月
国籍 日本の旗 日本
教育 東京工業大学大学院
理工学研究科博士課程修了
業績
専門分野 化学工学
勤務先 プリンストン大学
東京工業大学
成果 酵素反応機構研究
太陽エネルギー
化学エネルギーへの
変換の研究
光線力学療法の研究
受賞歴 日本化学会学術賞(1993年
注目発明賞(2000年
基礎錯体工学研究会技術賞
2001年
日本化学会欧文誌論文賞
(2001年)
竹田国際貢献賞(2002年

大倉 一郎(おおくら いちろう、1944年12月 - )は、日本工学者化学工学)。学位工学博士東京工業大学1973年)。東京工業大学副学長(企画担当)・名誉教授国立大学法人東京工業大学理事

東京工業大学大学院生命理工学研究科研究科長、東京工業大学生命理工学部学部長、東京工業大学フロンティア創造共同研究センターセンター長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1944年に生まれた[1]私立武蔵高校卒業後、東京工業大学に入学し、理工学部の応用化学課程にて学んだ[2]1968年に東京工業大学を卒業すると、そのまま同大学の大学院に進学した[2]。大学院では、理工学研究科の化学工学専攻に在籍した。1970年に東京工業大学大学院の修士課程を修了し、1973年には博士課程を修了した[2]。学位論文の題は「ESRによるZigler-Natta触媒の研究」[3]

研究者として[編集]

東京工業大学大学院の博士課程を修了すると、アメリカ合衆国に渡った。ニュージャージー州プリンストン大学にて、化学科の博士研究員として採用された[2]。一年半ほどプリンストン大学に勤務したのち、日本に帰国した。母校である東京工業大学に採用され、工学部の助手として着任した[2]。その後、東京工業大学の工学部にて助教授に昇任し、のちに教授に就任した[1][2]

1990年、東京工業大学の工学部の教授から転じ、生命理工学部の教授となった[2]。10年後の2000年に、東京工業大学の大学院にて、生命理工学研究科の教授に就任した[2]2002年には、東京工業大学の大学院にて、生命理工学研究科の研究科長に就任した[2]。また、同年より、東京工業大学の生命理工学部にて学部長を兼任した[2]2005年には、東京工業大学のフロンティア創造共同研究センターにてセンター長を兼務した[2]

東京工業大学では、教学分野だけでなく、管理・運営分野でも尽力した。2000年には、東京工業大学の評議員を兼任することになった[2]。また、2004年には、東京工業大学の経営協議会にて、委員を兼任することになった[2]。また、2007年には、東京工業大学の副学長に就任した[2]。さらに、東京工業大学の設置者である「国立大学法人東京工業大学」では、理事に就任している[2]

不祥事[編集]

2011年6月庄山悦彦滝久雄橋本元一西森秀稔小島定吉らで構成される東京工業大学学長選考会議により[4]、次期学長に選任された[5]2011年10月より学長に就任する運びとなったが、同年7月に学長就任を突如辞退したため、学長選考会議が再度招集される事態となった[5][6]文部科学省が「次期学長の辞退は極めて異例」[6]とコメントするなど、就任辞退の報は驚きをもって迎えられた。

2011年7月29日、東京工業大学の発表により、大倉が余った研究費を返還せず、取引業者にプールする手口で不正使用していた疑いがあることが明らかとなった[7][8]。東京工業大学では、この件に関する情報を入手したため、予備調査委員会を設置した[9]。その後、東京工業大学は調査委員会を設置し、この問題についての本格的な調査を開始した[7][8][9]。この事態に対して、大倉は「預け金の問題については調査中であり回答を差し控えたい」[7][8]と述べている。

研究[編集]

専門は工学であり、特に化学工学を中心とした分野の研究を進めている。具体的には、酵素反応メカニズムについての研究に取り組んでいる[1]。また、太陽エネルギーを、いかに化学エネルギーに変換するのかを研究したりしている。また、光線力学療法についても研究していた[1]

略歴[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「教員プロフィール」『研究者プロフィール東京工業大学
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「略歴」『東京工業大学 | 大学案内 | 大倉 一郎 (おおくら いちろう)  理事・副学長(企画担当)東京工業大学
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 「国立大学法人東京工業大学学長選考会議構成員」『東京工業大学 | 大学案内 | 役員一覧東京工業大学
  5. ^ a b 「東工大:大倉一郎副学長が学長就任を辞退」『東工大:大倉一郎副学長が学長就任を辞退 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2011年7月28日
  6. ^ a b 「東工大・大倉一郎副学長、学長就任を異例の辞退」『東工大・大倉一郎副学長、学長就任を異例の辞退 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞グループ本社2011年7月29日
  7. ^ a b c 「東工大副学長が研究費不正使用か――次期学長就任を辞退」『北國・富山新聞ホームページ - 国内外のニュース 社会北國新聞社2011年7月29日
  8. ^ a b c 「東工大副学長が研究費不正使用か――次期学長就任を辞退」『東工大副学長が研究費不正使用か 次期学長就任を辞退 - 山陽新聞ニュース山陽新聞社2011年7月29日
  9. ^ a b 東京工業大学研究費(預け金)に係る不適切な経理に関する調査について(お知らせ)2011年7月29日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]