大佐飛山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大佐飛山地
高原山と那須岳の間に位置する大佐飛山地
大佐飛山地(2007年7月撮影)
所在地 日本の旗 日本 福島県栃木県
位置
最高峰 大佐飛山 (1,908m)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

大佐飛山地[1](おおさびさんち)は栃木県北部にあり、那須連山高原山にはさまれた山地大佐飛山(1908m)を主峰とし[1]帝釈山脈と共に下野山地を形成する山塊の一つである[1]那須野が原扇状地を形成する蛇尾川の源流域となっているほか、那珂川の主な源流域の一つであり、鬼怒川や福島県の大川の水源の一部でもある。最高峰である大佐飛山への登山道などは整備されておらず、残雪期に訪れるのが一般的である。周辺は「大佐飛山自然環境保全地域」に指定されている。

所属する山[編集]

大佐飛山地の画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 地形・地質の概要”. レッドデーターブックとちぎ. 栃木県庁. 2015年9月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]