大住駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大住駅
駅舎(2008年8月)
駅舎(2008年8月)
おおすみ - Ōsumi
京田辺 (2.1km)
(2.5km) 松井山手
所在地 京都府京田辺市大住丸山17
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 H 片町線(学研都市線)
キロ程 14.5km(木津起点)
電報略号 オス
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,592人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1952年昭和27年)12月1日
備考 業務委託駅
POS端末設置
テンプレートを表示

大住駅
配線図

京田辺駅

2 1


STRg
STRf
KRWlf KRW+r
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
KRWl KRWlg
STRg
STRf

松井山手駅

大住駅(おおすみえき)は京都府京田辺市大住丸山にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)片町線(学研都市線)のである。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅2002年平成14年)3月23日の改正で2面2線に拡張され、7両編成までが停車・行き違いの可能な有人駅となった。以前は、単式ホーム1面1線で4両分であった。

かつて無人駅だったが、現在は有人駅である。駅業務は、株式会社ジェイアール西日本交通サービスに委託している。駅員の配置は8時 - 19時であるが、窓口閉鎖時間が設定されている(平成27年4月1日より、10時30分 - 11時20分・14時 - 16時40分)また、早朝と夜間は無人となる。管理は長尾駅が行っている。

駅舎は1番のりば側にあり、自動券売機(1台)・自動改札機(2台)・ICOCA入金機(1台)いずれも簡易タイプを設置。また、みどりの窓口の設置もなく、窓口での発券はPOS端末で行う。2番のりばとは跨線橋で結ばれている。

ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 H 学研都市線 下り 四条畷京橋方面
上り 木津方面 原則としてこのホーム
2 行違い時のみ

上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

1番のりばは上下本線、2番のりばを上り副本線とした一線スルーで、列車交換がない場合は両方向とも1番のりばを使用する。2番のりばは下り列車の停車に対応していない。

日中の列車交換が隣の松井山手駅や京田辺駅で実施するため、2番のりばの使用は朝夕のみとなっている。そのため、2番のりばを使用しない時間帯は跨線橋に鎖を掛け閉鎖している。

ダイヤ[編集]

毎時4本の快速・区間快速が発着。平日朝ラッシュ時、下り(京橋方面)は快速・区間快速が各毎時3本発着するなど本数が増える。

停車する全ての電車は、半自動扱いとなる。


利用状況[編集]

「京都府統計書」によると、1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1999年 1,233
2000年 1,219
2001年 1,238
2002年 1,504
2003年 1,625
2004年 1,658
2005年 1,677
2006年 1,682
2007年 1,682
2008年 1,649
2009年 1,611
2010年 1,578
2011年 1,578
2012年 1,567
2013年 1,592
2014年 1,592

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

京阪バスが運行。駅前に「JR大住駅」停留所がある。

  • 東行き
    • 63号系統 松井山手駅・本郷経由 ポエムノール北山ゆき
    • 67、67D号系統 松井山手駅・本郷経由 樟葉駅ゆき
    • 67B号系統 松井山手駅・美濃山口経由 樟葉駅ゆき
  • 西行き
    • 63、67、67B、67D号系統 近鉄新田辺ゆき


隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
H 学研都市線(片町線)
快速・区間快速・普通
京田辺駅 - 大住駅 - 松井山手駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]