大仏と鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大仏と鹿(だいぶつとしか Greate Buddha and Deer)は、1998年に奈良県吹奏楽連盟の委嘱で酒井格が作曲した吹奏楽曲

概略[編集]

奈良県吹奏楽連盟創立40周年記念のために1998年8月に作曲。翌1999年2月7日に開催された第26回奈良県トップバンドフェスティバルで大阪市音楽団(指揮:木村吉宏)によって初演された。

「大仏と鹿」というタイトルは、酒井の友人と会話している時に生まれたと語っている[1]

古都奈良を象徴するタイトルだが、古都らしさを連想するメロディーはほとんど音楽には盛り込まれていない[2]。むしろ、「大仏」・「鹿」というテーマから音楽が成り立っており、ミュージカルのような華やかさを持っている曲である[2]

楽譜はオランダの出版社、De Haskeで出版されている。海外で出版されているにも関わらず、タイトルが「Daibutsu to Shika」になっている(副題が「Greate Buddha and Deer」)。酒井本人は、「Greate Buddha and Deer」のタイトルで出版を望んでいたが、結果的にはローマ字のタイトルで出版された。なお、「Daibutsu to Shika」というタイトルでは、海外では「ダイブツ・トゥー・シカ」と呼ばれる可能性が高い。De Haskeで出版されている酒井の作品は、ローマ字のタイトルで出版されている楽譜も多い。例として、「Omisoka(おおみそか)」や「Shichi-Go-San(七五三)」が挙げられる。

初演された楽譜とDe Haskeの出版譜では若干の違いがある。これは、海外の演奏スタイルに合わせるためである。

曲の構成[編集]

8分の3拍子の躍動的な「鹿」のテーマと、4分の4拍子の「大仏」のテーマを組み合わせて曲が進んで行く[2]。大きく分けて、急-緩-急の3部形式だが、同じテンポでも音符の基本単位が変わったり、2種類のリズムが同時進行したりするため、実際には、場面が多様に移り変わるような印象を持つ[2]

ソロも多く、中間部ではユーフォニアムクラリネットオーボエホルンで代用可)、フルートアルトサックスのソロがある。

編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 2, Picc. Tp. 3 Cb.
Ob. 1 Hr. 4 Timp. ●, Whip
Fg. 1 Tbn. 3 Xylo., Glock., Tamb., S.D., Cym., Sus.Cym., B.D., Tri., W.B.,
Cl. 3, E♭, Alto, Bass Eup.
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1 Tub.

脚注[編集]

  1. ^ 酒井格のホームページより
  2. ^ a b c d YAMAHAのカタログより(解説:後藤洋

参考文献[編集]