大井浩明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大井 浩明Hiroaki Ooi、おおい ひろあき、男性)は、ピアノフォルテピアノクラヴィコードチェンバロオルガンオンド・マルトノハープ[1]各奏者。1968年京都府京都市生まれ。

略歴[編集]

洛星高等学校卒業、京都大学工学部中退。独学でピアノを学び、青山音楽賞受賞の後スイスへ渡り、長年の念願であったベルン芸術大学スイス)に留学して、ブルーノ・カニーノに師事した。最終学歴は同音大大学院ソリストディプロマ課程修了、この課程は正規にチェンバロで修了している。最も大きな業績に、ヤニス・クセナキス[2]ジェルジ・リゲティカールハインツ・シュトックハウゼンピエール・ブーレーズの全鍵盤作品演奏がある。

現代音楽の分野のみならず、フォルテピアノベートーヴェンのピアノソロに編曲された交響曲、弦楽四重奏曲、を演奏する試みが注目されている。バッハのフーガの技法は、チェンバロではなく、クラヴィコードを用いて録音されたCDである。2016年は「ペダル鍵盤付き二段クラヴィコード[3]」でバッハのオルガン作品を演奏する予定である。京大オーケストラ時代には、チェロを弾き、留学後にはヴァイオリンも弾いた。指揮甲斐説宗個展で1995年に行ったことがあり、専門分野はピアノだけにとどまらないものになっている。

受賞歴[編集]

国内[編集]

国際[編集]

  • ペスカラNew Music for New Pianist現代音楽演奏コンクール入選 (1995年/ペスカラ)[5]
  • ガウデアムス国際現代音楽演奏コンクール入選(1996年/ロッテルダム)
  • 第1回パリ市主催メシアン国際ピアノコンクール第三位[6]2000年/パリ)

備考[編集]

  • 1998年に梅田フェニックスホールで催した自身のコンサート[7][8]での冒頭で、観客の携帯電話が鳴った。終演後に「あれ私が鳴らしたの」と嬉々として大井に告げていた女性がいたが、大井は注意も指導もしなかった。[9]この件を10数年経って責められ「入場券代を返せ」とある男性から間接的に求められた大井は、自分は携帯の件など関知していないと虚偽の発言を意図的に行った。被害者と共通の友人[10]の自己判断でフォワードされてきた被害者からのe-mailを、大井は自身のFacebook上で被害者の銀行口座番号、口座名義人名と共にfacebook内で公開した。個人情報保護法違反に当たると判断した被害者はFacebookの日本子会社に連絡したが、履歴調査の後に大井自身が投稿を削除したことから、アカウントの凍結は見送られた。
  • これ以外には、特定の聴衆を「追い返してくれ」と再三にわたりtwitter上で訴えていることが、twilogで確認できる。

動画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2000年以降の公開演奏に限る
  2. ^ プロフィールではクセナキスのピアノとオーケストラのための作品に第一番、第二番と勝手に番号を振っているが、クセナキス自身の作品目録にそのような記述はない。
  3. ^ 一段ずつ積んだものである。もとから二段ではない。
  4. ^ 1995年当時リゲティが完成させたピアノ練習曲は14曲。
  5. ^ 審査委員長にピヨトル・ラヘルト
  6. ^ 審査委員長にイヴォンヌ・ロリオ
  7. ^ プログラムはシューマンのOp.5,6,7,&8、とシュトックハウゼンのクラヴィア曲XI/XIII/XVI
  8. ^ 外部リンク
  9. ^ 目撃者には高久暁らがいる。
  10. ^ このコンサートを当時宣伝していた評論家

参考文献[編集]

外部リンク[編集]