大久保秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 おおくぼ ひでお
大久保 秀夫
生誕 1954年10月2日
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 國學院大學法学部
職業 株式会社フォーバル
代表取締役会長
活動期間 1980年創業 -
著名な実績 東京商工会議所 副会頭
東京商工会議所 中小企業委員会 委員長
公益資本主義推進協議会 代表理事
元気な日本をつくる会 理事長
公式サイト http://www.forval.co.jp/company/greeting.php

大久保 秀夫(おおくぼ ひでお、1954年10月2日 - )は、株式会社フォーバルの創業者、社長(1980年 - )。東京都出身。東京商工会議所議員・新分野進出支援委員会副委員長。

國學院大學法学部卒業。 日本の伝統的大企業・外資のフルコミッション型営業会社を経て、双方の問題点を体感し、日本企業と外資企業の良いところを合わせた会社を作ることを理念に創業を決意する。

社員の独立支援など後進の起業家の育成にも積極的で、フォーバルの出身者により立ち上げられた企業や、元代理店であった企業、出資し上場した企業も少なくない。

文化支援にも積極的で、2007年までフォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス・コンクールを開催していた。

略歴[編集]

  • 1980年 - 新日本工販株式会社(現・フォーバル)設立。
    • 当時日本最速での上場(店頭公開・現JASDAQ)、社団法人関東ニュービジネス協議会から、第1回アントレプレナー大賞において優秀賞を受賞。
  • 2000年 - フォーバルテレコムが東京証券取引所マザーズに上場。
  • 2001年 - フォーバルクリエーティブが大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現・ヘラクレス)に上場。
  • 2008年 - フォーバルクリエーティブを都築省吾が設立したTSUZUKI新生ファンドに譲渡。(新社名はインスパイアー
  • 2010年 - 社長業を退きフォーバル会長に就任。会長業の傍らアジア(メコン地域)における高度人材の育成を応援する【公益財団法人CIESF】の理事長も務める。さらに日本東京会議所特別顧問、東京商工会議所の特別顧問に最年少の若さで就任。
  • 2014年 - 12月、一般財団法人クロスボーダー・ウィング理事長
  • 2015年 - 6月、国際科学振興財団 評議員。
  • 2016年 - 11月、東京商工会議所副会頭。東京商工会議所中小企業委員会委員長[1]

受賞[編集]

  • 第1 回アントレプレナー大賞[2]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 代表挨拶”. フォーバル. 2017年4月23日閲覧。
  2. ^ 代表取締役会長 大久保 秀夫 一般社団法人関東ニュービジネス協議会 会長就任のお知らせ”. 株式会社フォーバル. 2017年4月23日閲覧。
  3. ^ 第2回 株式会社フォーバル代表取締役会長 大久保秀夫氏”. セゾン投信. 2017年4月23日閲覧。
  4. ^ 株式会社フォーバル 大久保 秀夫”. 賢者.TV. 2017年4月23日閲覧。
  5. ^ 大久保秀夫氏 × 青木仁志 対談(1/3”. 著名人対談. 2017年4月23日閲覧。
  6. ^ 株式会社フォーバル 代表取締役会長 大久保 秀夫”. 経営者通信Online. 2017年4月23日閲覧。
  7. ^ 電電公社の独占に異議あり!フォーバル創業秘話”. YouTube. 2017年4月23日閲覧。
  8. ^ 数は力なり 巨大企業に立ち向かえ!”. YouTube. 2017年4月23日閲覧。
  9. ^ 若き孫社長との出会い 2人の通信業界改革物語”. YouTube. 2017年4月23日閲覧。
  10. ^ 死の淵を乗り越えて 大事故で得た不屈の心”. YouTube. 2017年4月23日閲覧。
  11. ^ 日本発 新しい経済の形を 公益資本主義のススメ”. YouTube. 2017年4月23日閲覧。
  12. ^ 200年続く会社経営を 大久保流 社員・後継者育成”. YouTube. 2017年4月23日閲覧。
  13. ^ 自分を変える習慣の付け方 未来へのメッセージ”. YouTube. 2017年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]