大久保潔重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大久保 潔重
おおくぼ ゆきしげ
生年月日 (1966-03-12) 1966年3月12日(51歳)
出生地 日本の旗 長崎県諫早市
出身校 長崎大学歯学部
前職 歯科医
所属政党 民主党小沢グループ)→)
無所属
公式サイト 元参議院議員 大久保ゆきしげ オフィシャルウェブサイト

選挙区 諫早市選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2005年
2006年 - 2007年
2015年 - 現職

選挙区 長崎県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

大久保 潔重(おおくぼ ゆきしげ、1966年3月12日 - )は、日本政治家歯科医師長崎県議会議員(通算3期)。元参議院議員(1期)。

来歴[編集]

長崎県諫早市生まれ。長崎県立諫早高等学校長崎大学歯学部卒業。東京都神奈川県の歯科医院勤務を経て、福岡県福岡市博多区で歯科医院を開業し、地域の歯科医療に携わる。2002年小沢一郎政治塾修了(同塾の第1期生)。

2003年長崎県議会議員選挙に出馬し、初当選した。2005年、長崎県議を任期途中で辞職し、第44回衆議院議員総選挙長崎2区から民主党公認で出馬したが、自由民主党前職の久間章生に敗れ、落選した。2006年、長崎県議会補欠選挙に出馬し、当選。2007年、再び任期途中で長崎県議を辞職し、第21回参議院議員通常選挙に民主党公認で長崎県選挙区から出馬。自由民主党新人の小嶺忠敏を破り、当選した。

2009年小沢訪中団に参加し、中華人民共和国を訪問した。2013年第23回参議院議員通常選挙では、民主党公認で長崎県選挙区から出馬したが、自民党新人の古賀友一郎に大差で敗れ、落選した[1]。自身の敗因については、有権者の民主党に対する拒否感を挙げ、その最大の原因について菅直人元首相の名前を挙げた[2]2014年第47回衆議院議員総選挙長崎2区から民主党公認で出馬したが、自民党前職の加藤寛治に敗れ、落選。2015年、長崎県議会議員選挙に諫早市選挙区から無所属で出馬し、通算3期目の当選を果たした[3]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 趣味は剣道、ボクシング、野球、音楽(ジャズ)、魚釣り。愛称は「炎のチャレンジャー」[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]