大久保満寿子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大久保 満寿子(おおくぼ ますこ、? - 1878年12月7日)は、維新の三傑の一人・大久保利通の妻。薩摩藩士・早崎七郎右衛門の次女[1]。弟は早崎七郎(海軍少佐)、早崎源吾(海軍少将)[2]。大久保との間に大久保利和牧野伸顕大久保利武石原雄熊、芳子(伊集院彦吉夫人)が生まれた。

1857年(安政4年)に大久保と結婚。明治維新後も鹿児島で暮らしていたが、1874年(明治7年)に上京。1878年(明治11年)5月、夫の大久保が紀尾井坂の変で暗殺されてから体調を崩して病床につき、12月7日に死去[2]

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 勝田孫弥『大久保利通伝 下巻』(同文 館、1911年)791-792頁
  2. ^ a b 勝田孫弥『大久保利通伝 下巻』792頁

外部リンク[編集]