大久保満寿子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大久保 満寿子(おおくぼ ますこ、?[注釈 1] - 1878年12月7日)は、維新の三傑の一人・大久保利通の妻。薩摩藩士・早崎七郎右衛門の次女[1][注釈 2]。弟は早崎七郎(海軍少佐)、早崎源吾(海軍少将)[2]。大久保との間に大久保利和牧野伸顕大久保利武石原雄熊、芳子(伊集院彦吉夫人)が生まれた。

1857年(安政4年)に大久保と結婚。明治維新後も鹿児島で暮らしていたが、1874年(明治7年)に上京。1878年(明治11年)5月、夫の利通が紀尾井坂の変で暗殺されてから体調を崩して病床につき、12月7日に死去[2]

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『翔ぶが如く』最終回では、40歳で亡くなったことが西郷いと(演:田中裕子)によって語られている。また、海音寺潮五郎による『西郷と大久保』においては、「夫と九つ年が違って」という表記が認められる。海音寺潮五郎『西郷と大久保』新潮文庫、1973年 p.11
  2. ^ 七郎右衛門は、長期にわたり大坂蔵屋敷の留守居役をつとめた。海音寺潮五郎『西郷と大久保』新潮文庫、1973年 p.11

出典[編集]

  1. ^ 勝田孫彌『大久保利通傳 下巻』同文館、1911年 pp.791-792
  2. ^ a b 勝田孫彌『大久保利通傳 下巻』同文館、1911年 p.792

外部リンク[編集]

  • [1]-『女たちの明治維新 大久保満寿子』(鹿児島県発行・GraphKagoshima・H26年11月号)