大久保清子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおくぼ きよこ
大久保 清子
本名 笹井 朝子 (ささい あさこ、出生名)
伊藤 朝子 (いとう あさこ)
生年月日 (1911-01-30) 1911年1月30日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市(現在の同府同市中京区
職業 女優
ジャンル 劇映画時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1933年 - 1937年
配偶者 伊藤大輔
著名な家族 笹井幸二郎 (父)
笹井武彦 (弟)
笹井三左衛門 (伯父)
笹井末三郎 (従兄)
テンプレートを表示

大久保 清子(おおくぼ きよこ、1911年1月30日 - 2000年代)は、日本の女優である[1][2][3]。出生名笹井 朝子(ささい あさこ)、結婚後の本名は伊藤 朝子(いとう あさこ)[1][2]。女優引退後は、伊藤大輔夫人として知られる[2]

人物・来歴[編集]

1911年明治44年)1月30日京都府京都市上京区三条通千本(現在の同府同市中京区三条通千本)に生まれる[1][2]。父は笹井幸二郎、伯父は千本組当主の笹井三左衛門、従兄に笹井末三郎がいる[2]旧制小学校(現在の京都市立朱雀第一小学校)、同市東山区の華頂高等女学校(現在の華頂女子高等学校)を卒業した[2]。『芸能人物事典 明治大正昭和』等には「精華高等女学校」を卒業した旨の記述があるが[1]、同校は現在の精華高等学校であり、当時は大阪市住吉区(現在の阿倍野区)晴明通に実在した学校であるが、誤りである[2]

満22歳になった1933年(昭和8年)、従兄の末三郎に勧められて日活京都撮影所に入社、翌1934年(昭和9年)5月10日に公開された、辻吉朗監督の『修羅道春秋』に出演して、「大久保 清子」の名で映画界にデビューした[1][2][3]。同年8月末、永田雅一が独立して第一映画社を設立すると、これに参加した[1][2][3]

1935年(昭和10年)12月末、マキノ正博が撮影所長、従兄の末三郎が理事となって設立したマキノトーキー製作所に、第二期入社として移籍した[2][3][4]。同社には、実弟の笹井武彦が経理部に所属していた[2][4]。1937年(昭和12年)4月末、同社が解散し、マキノ正博、澤村國太郎光岡龍三郎、同期の水原洋一田村邦男團徳麿志村喬大倉千代子らとともに、日活京都撮影所に移籍した[4]。満26歳になる同年6月、映画監督の伊藤大輔(当時満38歳、伊藤は再婚)と結婚した[2]

1981年(昭和56年)7月19日、夫の伊藤大輔が死去する[5]。1985年(昭和60年)、『伊藤大輔シナリオ集』全4巻を上梓、監修する[2]。1989年(平成元年)、伊藤大輔の旧蔵資料約4万点を京都府京都文化博物館に寄贈した[2]

フィルモグラフィ[編集]

すべてクレジットは「出演」である[3]。公開日の右側には役名、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[6]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

日活京都撮影所[編集]

すべて製作は「日活京都撮影所」、配給は「日活」である[3][7]

第一映画[編集]

浪華悲歌』(監督溝口健二、1936年)メインタイトル。

特筆以外すべて製作は「第一映画社」、配給は「松竹キネマ」である[3]

マキノトーキー製作所[編集]

初期の特筆以外すべて製作・配給は「マキノトーキー製作所」である[3]

  • ごろんぼ街』 : 監督マキノ正博・根岸東一郎、1936年10月15日公開 - お仙
  • 忠治活殺剣』 : 監督久保為義・マキノ正博、1936年12月6日公開 - 勝造女房お富、現存(NFC所蔵[6]
  • 神州斬魔剣』 : 監督姓丸浩、1937年1月24日公開
  • 旗本八萬騎』 : 監督中川信夫、1937年1月31日公開 - 蓮月院
  • 喧嘩菩薩』 : 監督牧陶六(マキノ正博)、1937年2月28日公開
  • 花婿百万石』 : 監督マキノ正博、応援監督姓丸浩、1937年3月10日公開

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書を中心とした書誌である。クレジットはすべて「伊藤朝子」名義。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 大久保清子jlogos.com, エア、2012年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 伊藤朝子氏談話立命館大学、2012年11月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 大久保清子日本映画データベース、2012年11月28日閲覧。
  4. ^ a b c マキノ[1977]、p.338-374.
  5. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『伊藤大輔』 - コトバンク、2012年11月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e 大久保清子東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月28日閲覧。
  7. ^ a b c d 大久保清子日活データベース、2012年11月28日閲覧。
  8. ^ 箱根八里、映連データベース、日本映画製作者連盟、2012年11月28日閲覧。
  9. ^ 箱根八里、日本映画データベース、2012年11月28日閲覧。
  10. ^ 箱根八里、日本映画情報システム、文化庁、2012年11月28日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]