大久保忠為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大久保忠為
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文23年(1554年
死没 元和2年8月9日1616年9月9日
別名 彦十郎、権右衛門(通称)
墓所 妙光寺(神奈川県小田原市
氏族 大久保氏
父母 父:大久保忠員
兄弟 忠世忠佐忠包忠寄忠核忠為忠長忠教忠元、九平次
先妻:井上甚左衛門の娘
後妻:深澤正長の娘
常辰常信(正信)、忠知忠舊忠貞、娘(大久保長安室→鵜殿長寛室)、娘(石川成堯室)、娘(鵜殿氏信室)、娘(拝郷可直室)

大久保 忠為(おおくぼ ただため)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将旗本大久保忠員の六男。通称、彦十郎、権右衛門。兄に大久保忠世大久保忠佐、弟に大久保忠教らがいる。

徳川家康に父や兄弟達とともに仕え、慶長14年(1609年)に縁戚の石川忠総大久保忠隣次男)が大垣藩主になるとこれを補佐した。大坂の役にも従軍し、高麗橋で石川忠総と共に戦った[1]

元和2年(1616年)4月4日、病床の徳川家康に石川忠総と共に呼ばれて話をした際、大垣に新田を開発したことを言上した。家康は「新田が一万石であっても全て忠為に与えるので、より一層忠功に励むように」と伝えた[1]。同年8月9日、63歳で死去した。

三男の大久保忠知は、旗本として書院番頭となる。その子大久保忠高は1万石を領するまでに栄進し、大久保常春は大名となり、下野国烏山藩となった。また、四男の忠舊は大坂の役の戦功により、紀州徳川頼宣の家臣となり、娘婿の大久保忠直の娘須磨の方(深徳院)が将軍徳川吉宗の側室となり、9代将軍となる徳川家重を産む。

出典[編集]

  1. ^ a b 寛政重修諸家譜』巻第七百十一