大久保傳藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大久保伝蔵から転送)
Jump to navigation Jump to search

大久保 傳藏(おおくぼ でんぞう、1901年12月4日[1] - 1986年9月11日[2])は、日本の政治家衆議院議員(1期)。山形市長(3期)。

経歴[編集]

山形県出身[2]1928年中央大学法学部卒[1][2]東洋モスリンに入り[1][2]東洋紡績労務課長を経て[1][2]1942年第21回衆議院議員総選挙(いわゆる「翼賛選挙」)では山形1区(当時)から大政翼賛会の推薦を受けずに立候補したため落選した[3]。その後、恩賜財団戦災援護会啓発課長となる[1][2]

1946年第22回衆議院議員総選挙において山形県から日本進歩党公認で立候補して当選する。進歩党内では遊説部長となった[1][2]が、翌年、公職追放となった[4]1952年追放解除。1954年に山形市長に就任する。

山形市は昭和の大合併による周辺の村を編入し、市域を拡大した。就任の翌1955年には、市役所に企画課と農村課を設置[1]、「山形市総合企画審議条例」を議会に提出、可決され[1]、条例に基づく「山形市総合企画審議会」が発足した[1]1958年には同審議会から「山形市総合計画書」が市長に提出され、これに基づく「近代田園都市建設」を市長として3期12年で取り組むこととなった[1]1966年に山形市長を引退、1986年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本の歴代市長』第1巻 378頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』125頁。
  3. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』124頁。
  4. ^ 『朝日新聞』1947年4月5日一面。

参考文献[編集]

  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
公職
先代:
鈴木重屹
Flag of Yamagata, Yamagata.svg 山形市長
公選第2代:1954年 - 1966年
次代:
金澤忠雄