大下大蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大下 大蔵(おおしも だいぞう、1894年3月27日 - 1979年11月6日)は、日本実業家フマキラー創業者。広島県安佐郡祇園町(現・広島市安佐南区祇園)出身。

1923年、殺虫剤「強力フマキラー液」を創製、翌1924年、祇園町に「大下回春堂」(現・フマキラー)を創業。同年専売特許に成功し、戦前までに国内のみならず欧米諸国にも市場を拡げ、上海に工場を設置するなど同社を躍進させた。戦後1950年、一子・俊治の社長就任で会長に退いた。

なお広島市の老舗百貨店福屋や近年閉校された大下学園女子短期大学、大下学園祇園高校も一族の設立・経営であった。

外部リンク[編集]