大下哲矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大下哲也から転送)
Jump to navigation Jump to search
おおした てつや
大下 哲矢
本名 小泉 弘徳(こいずみ ひろのり)
別名義 加川 景二
大下 哲也
生年月日 (1942-01-03) 1942年1月3日(76歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 185 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
青空に叫ぼう
『闘魂』
スーパーロボット レッドバロン
映画
柔の星
姿三四郎

大下 哲矢(おおした てつや、1942年1月3日[1] - )は、日本の俳優。本名、小泉 弘徳(こいずみ ひろのり)[1]

神奈川県出身[1]法政大学中退[3]。かとう企画に所属していた[1]

来歴・人物[編集]

平塚柔道協会の第4代会長・小泉博の長男[4]。「加川 景二」(かがわ けいじ)の芸名で、日活映画『けんかえれじい』に出演後[5]1967年にテレビドラマ『青空に叫ぼう』の主演で俳優としてデビュー[2]。その後は刑事ドラマ時代劇で主に悪役として出演する機会が多い。一方、1973年に放映された特撮ドラマ『スーパーロボット レッドバロン』では、科学秘密捜査隊"SSI"の隊長・大郷実役としてレギュラー出演した。「大下 哲也」名義での出演歴もある。

趣味陶芸[2]。特技は柔道(四段)[3][注釈 1]。既婚で一女あり[2]。親戚に関口宏がいる(妻のいとこ)[2]

『スーパーロボット レッドバロン』で擬斗を担当した高倉英二は、当時の大下について「包容力があり、人をまとめるのがうまかった」と証言している[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この特技から『スーパーロボット レッドバロン』では殺陣に柔道が取り入れられている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑2002』 VIPタイムズ社、2002年、76頁。ISBN 978-4990124205
  2. ^ a b c d e 大下哲矢のプロフィール(出典:日本タレント名鑑) - gooニュース (2013年5月1日時点のアーカイブ
  3. ^ a b 『日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、46頁。
  4. ^ 奥山晴治 (2006年10月1日). “平塚柔道物語その4”. 平塚柔道協会. 2016年8月7日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑'73』 VIPタイムズ社、1972年、29頁。
  6. ^ a b DVD『宣弘社フォトニクル』 2015年9月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-133 pp44-47 「インタビュー 高倉英二

外部リンク[編集]