大アジア主義講演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大アジア主義講演(だいあじあしゅぎこうえん)とは、1924年(大正13年)11月28日孫文神戸頭山満と会談した翌日に行った講演。神戸商業会議所など5団体を対象として、現在兵庫県庁となっている場所にあった旧制神戸高等女学校講堂において行われた。

当時は録音設備も無いため速記などによって記録されたためか大阪毎日新聞神戸新聞民国日報(上海)などによって多少の違いが有るようである。

講演は中国語で行われ、随行した戴季陶によって日本語通訳された。

この演説は東洋の王道、西洋の覇道を区分し、東洋の王道をたたえ、その先端を行く日本の近代化への賞賛と行き過ぎによる覇道への傾斜を非難したものとらえる見解が従来有力であった。しかし、近年では、この演説で収容所国家化しつつあったソビエトを、自身への援助開始のゆえにおべっか的に礼賛し、反面自身への支援をためらった日本への嫌味をつらねた孫文の独りよがりの見解にすぎなかったとする指摘もあらわれている(渡辺望『蒋介石の密使 辻政信』祥伝社新書 2013年)  

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]