大きな森の小さな家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大きな森の小さな家(おおきなもりのちいさないえ、原題:Little House in the Big Woods, 1932)は、ローラ・インガルス・ワイルダー1867年2月7日-1957年2月10日)による小説シリーズ『インガルス一家の物語』の第一作目である。 このシリーズは、NBCで『大草原の小さな家Little House on the Prairie)』としてテレビシリーズ化され、日本でもNHKにて放映された。西部開拓時代アメリカを舞台にしており、日本でも大人気となった。
この第一作では、作者が生まれたウィスコンシン州北西部のペピン(Pepin)という町にある、大きな森の小さな家での、ローラやお姉さんの"メアリイ"、赤ちゃんの"キャリイ"、そしてとうさん、かあさんの1年間の生活が描かれている。

現在、ペピンには丸太小屋のレプリカ"Laura Ingalls Wilder Wayside"がある。ペピンの中心部にはペピン歴史博物館があり、小さな家関連のものがある。ローラ・インガルス・ワイルダー公園やペピン鉄道博物館もある。インガルス一家が居を構えたことのあるミネソタ州のウォルナット・グローブ(Walnut Grove)を通る幹線道路U.S.14は"Laura Ingalls Wilder Historic Highway"と名付けられている。

外部リンク[編集]