則松亜海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夢華あみから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

則松 亜海(のりまつ あみ、1991年[1]6月19日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組の娘役[2]

千葉県[3]千葉市[2]慶應義塾女子高等学校出身[2]。身長164cm[2]。愛称は「あみ」[2]。宝塚歌劇団時代の芸名は夢華あみ(ゆめか・あみ)[2]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として首席入団[4][3][5][1]月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で夢華あみとして初舞台[2][1]。その後、雪組に配属[3][4][1]。入団時より優れた歌唱と演技力で注目を集め[3]、同年、水夏希愛原実花トップコンビ退団公演となる「ロジェ」で、新人公演初ヒロイン[3][6][4][1]。組配属後1作目、入団1年目での抜擢となった[6][4]

2011年、音月桂トップ大劇場お披露目となる「ロミオとジュリエット」で、ヒロインのジュリエットに舞羽美海とダブルキャストで抜擢を受ける[5][3][4][1]。かつて大地真央の相手役を務めた黒木瞳を超えるスピードで大劇場ヒロインを務めることとなった[6]。同年のバウ・ワークショップ「灼熱の彼方」で、星乃あんりバウホール公演ダブルヒロイン[7]

2013年、壮一帆愛加あゆトップコンビ大劇場お披露目となる「ベルサイユのばら」で、2度目の新人公演ヒロイン[3][6]マリー・アントワネットを演じる[3][6]

2014年2月9日、「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3][4][1]

2015年より梅田芸術劇場所属となり、本名の則松亜海として芸能活動を開始するが、2019年11月よりフリーとなる[8]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 体調不良により2/24〜3/12は休演。代役は舞羽美海が務めた。

外部リンク[編集]