夢前川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
夢前川駅
駅舎
駅舎
ゆめさきがわ
Yumesakigawa
SY 51 西飾磨 (1.2km)
(1.1km) 広畑 SY 53
兵庫県姫路市広畑区東新町三丁目148
駅番号 SY 52
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 網干線
キロ程 3.6km(飾磨起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,008人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1940年昭和15年)10月15日
備考 無人駅
テンプレートを表示

夢前川駅
配線図

西飾磨駅

STR
STR+l ABZgr
BUILDING STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRl ABZg+r
STR

広畑駅

夢前川駅(ゆめさきがわえき)は、兵庫県姫路市広畑区東新町三丁目にある、山陽電気鉄道網干線。駅番号はSY 52

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅。網干線が単線であるため、一部の電車が当駅で上下線の行き違いを行う。飾磨方から見て夢前川を渡った直後の築堤上にホームがあり、ホーム下の通路を経て、線路北側飾磨寄りにある改札に至る。改札内通路に並行して南北の自由通路がある。網干線のワンマン化に伴い、自動改札機を備える無人駅となり、駅員は定期的に巡回してくる。

のりば[編集]

(南側) 網干線(下り) 網干行き
(北側) 網干線(上り) 飾磨明石三宮大阪方面

※のりば番号は設定されていない。

利用状況[編集]

乗降者数 2,005人(2008年11月11日調査)
以下に各年の乗降客数を示す。

年度 乗車人員総数 内 定期利用者数 出典
人/日 増減 順位 人/日 増減 利用率
1953(S28) 4,930 [1]
1954(S29) 4,671 -5.245% [2]
1955(S30)
1956(S31)
1957(S32) 5,935 [3]
1958(S33) 6,092 2.634% [3]
1959(S34) 6,420 5.388% [4]
1960(S35) 7,418 15.541% [5]
1961(S36) 7,430 0.160% [6]
1962(S37) 6,817 -8.238% [7]
1963(S38) 6,310 -7.450% [8]
1964(S39) 6,153 -2.475% [9]
1965(S40) 5,729 -6.901% [10]
1966(S41) 5,073 -11.448% [11]
1967(S42) 4,912 -3.176% [11]
1968(S43) 4,655 -5.221% [12]
1969(S44) 4,520 -2.901% [13]
1970(S45) 4,146 -8.271% [14]
1971(S46) 3,827 -7.707% [15]
1972(S47) 3,465 -9.469% [16]
1973(S48) 3,214 -7.239% [16]
1974(S49) 3,139 -2.319% [17]
1975(S50) 2,990 -4.764% [18]
1976(S51) 2,588 -13.428% [19]
1977(S52) 2,611 0.879% [20]
1978(S53) 2,389 -8.486% [20]
1979(S54) 2,079 -13.006% 1,413 67.985% [21]
1980(S55) 2,041 -1.803% 1,393 -1.440% 68.236% [21]
1981(S56) 1,966 -3.696% 1,338 -3.961% 68.048% [21]
1982(S57) 1,867 -5.016% 1,286 -3.891% 68.854% [21]
1983(S58) 1,770 -5.187% 1,221 -5.025% 68.972% [21]
1984(S59) 1,646 -7.021% 1,134 -7.125% 68.894% [22]
1985(S60) 1,523 -7.464% 1,016 -10.423% 66.692% [22]
1986(S61) 1,438 -5.621% 954 -6.125% 66.336% [22]
1987(S62) 1,345 -6.418% 8,743 816.879% 649.932% [22]
1988(S63) 1,310 -2.585% 844 -90.349% 64.387% [23]
1989(H01) 1,222 -6.746% 772 -8.494% 63.180% [23]
1990(H02) 1,167 -4.509% 710 -7.994% 60.874% [23]
1991(H03) 1,158 -0.726% 681 -4.200% 58.744% [23]
1992(H04) 1,132 -2.266% 42/48 651 -4.360% 57.486% [24] [25] [26] [27] [28] [23]
1993(H05) 1,059 -6.465% 43/48 578 -11.176% 54.590% [24] [25] [26] [27] [29] [30]
1994(H06) 1,030 -2.776% 41/48 563 -2.687% 54.641% [24] [25] [26] [27] [29] [30]
1995(H07) 1,004 -2.470% 40/48 535 -4.953% 53.250% [24] [25] [26] [31] [29] [30]
1996(H08) 977 -2.702% 43/48 514 -3.858% 52.617% [24] [32] [26] [31] [29] [30]
1997(H09) 918 -6.051% 43/48 479 -6.859% 52.165% [33] [32] [26] [31] [34] [30]
1998(H10) 879 -4.255% 44/48 458 -4.446% 52.061% [33] [32] [26] [31] [34] [35]
1999(H11) 999 13.704% 41/48 469 2.497% 46.930% [33] [32] [26] [31] [34] [35]
2000(H12) 1,127 12.773% 37/48 515 9.779% 45.684% [33] [32] [26] [36] [34] [35]
2001(H13) 1,057 -6.208% 38/48 454 -11.845% 42.938% [33] [37] [38] [36] [34] [35]
2002(H14) 1,039 -1.693% 38/48 454 0.072% 43.709% [39] [37] [38] [36] [34] [35]
2003(H15) 974 -6.249% 39/48 411 -9.591% 42.151% [39] [37] [38] [36] [34] [40]
2004(H16) 1,023 5.003% 37/49 430 4.644% 42.007% [39] [37] [38] [36] [41] [40]
2005(H17) 987 -3.543% 38/49 419 -2.506% 42.459% [39] [37] [38] [42] [41] [40]
2006(H18) 978 -0.918% 38/49 425 1.550% 43.516% [39] [43] [38] [42] [41] [40]
2007(H19) 996 1.913% 38/49 453 6.530% 45.488% [44] [43] [45] [42] [41] [40]
2008(H20) 1,017 2.066% 37/49 479 5.658% 47.088% [44] [43] [45] [42] [41] [46]
2009(H21) 968 -4.780% 39/49 466 -2.746% 48.094% [44] [43] [45] [42] [41] [46]
2010(H22) 917 -5.321% 39/49 449 -3.495% 49.022% [44] [43] [45] [47] [41] [46]
2011(H23) 922 0.606% 39/49 471 4.773% 51.053% [44] [48] [45] [47] [49] [46]
2012(H24) 937 1.582% 39/49 475 0.820% 50.670% [50] [48] [45] [47] [49] [46]
2013(H25) 955 1.915% 39/49 486 2.337% 50.880% [50] [48] [51] [47] [49] [52]

駅周辺[編集]

夢前川の西岸すぐにある。駅500m南に新日本製鐵広畑製鐵所東門があり、駅西方で、 東門通と呼ばれる兵庫県道502号英賀保停車場線に面する。

以前は駅南方に新日鐵の社宅や関連施設があり利用者も多かったが、1980年代初頭にこれらの多くが取り壊され乗降客が減少した。跡地にはイトーヨーカドー広畑店(2017年3月閉鎖)等の郊外型大型店舗が建ち、現在では近隣住民のほか買物客や、製鉄記念広畑病院(新日鐵広畑病院から改称)の利用者などが主に当駅を利用している。2012年3月現在、車内自動放送でも「製鉄記念広畑病院前」と案内されている。

かつて駅前すぐ北東に大樹があったが、切り倒され現存しない。

歴史[編集]

  • 1940年昭和15年)
    • 10月15日 - 網干線開業当初の終端駅として設置。
    • 12月23日 - 網干線が日鉄前駅(現在の広畑駅)まで延伸し、途中駅となる。
  • 1957年(昭和32年)9月1日 - 行違い設備設置。
  • 1969年(昭和44年)12月 - 駅舎改築。

隣の駅[編集]

山陽電気鉄道
網干線
西飾磨駅 (SY 51) - 夢前川駅 (SY 52) - 広畑駅 (SY 53)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『姫路市勢要覧 昭和29年版』 姫路市役所調査課、昭和29年4月1日発行、昭和29年3月30日印刷(内海印刷所)、64頁。
  2. ^ 『姫路市勢要覧 昭和30年版』 姫路市役所秘書課調査統計係、昭和31年4月1日発行、昭和31年3月30日印刷(内海印刷所)、71頁。昭和29年1月~12月の集計
  3. ^ a b 『市勢要覧 姫路 1958年版』 姫路市役所 企画室、昭和34年3月1日発行、昭和34年2月10日印刷(第一印刷株式会社)、52頁。(山陽電鉄本社調)
  4. ^ 『姫路市勢要覧 昭和34年版』 姫路市企画室、昭和35年3月31日発行、昭和35年3月25日印刷(有限会社 中山印刷所)、36頁。(資料 山陽電鉄KK。昭和29年1月~12月の集計)
  5. ^ 『姫路市勢要覧 1961年版』 姫路市役所、昭和36年5月25日発行、昭和36年5月20日印刷(有限会社中山印刷所)、38頁。(山陽電鉄 K. K. 昭和35年1月~12月の集計)
  6. ^ 『姫路市勢要覧 1962年版』 姫路市役所、昭和37年4月15日発行、昭和37年4月10日印刷(有限会社中山印刷所)、38頁。昭和36年1月~12月の集計
  7. ^ 『姫路市勢要覧 1963年版』 姫路市役所、昭和38年10月15日発行、昭和38年10月1日印刷(第一印刷株式会社)、42頁。昭和37年1月~12月の集計
  8. ^ 『姫路市勢要覧 1964年版』 姫路市企画室 調査統計課、昭和39年11月5日発行、昭和39年10月15日印刷(第一印刷株式会社)、44頁。昭和38年1月~12月の集計
  9. ^ 『姫路市勢要覧 1965年版』 姫路市企画室調査統計課、奥付に発行日記載なし(印刷所 有限会社中山印刷)、38頁。昭和39年1月~12月の集計
  10. ^ 『姫路市勢要覧 1967年版』 姫路市企画室調査統計課、奥付に発行日記載なし(印刷 内海印刷株式会社)、統計表12頁。
  11. ^ a b 『姫路市勢要覧 1968年版』 姫路市 企画室 企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 有限会社 中山印刷所)、統計表13頁。
  12. ^ 『姫路市勢要覧 1969年版』 姫路市 企画室 企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 山野印刷株式会社)、統計表13頁。
  13. ^ 『姫路市勢要覧 1970年版』 姫路市 企画室 企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 大日本印刷株式会社)、統計表15頁。
  14. ^ 『姫路市勢要覧 1971年版』 姫路市企画室企画課、奥付に発行日記載なし(印刷 岸本印刷株式会社)、統計表14頁。
  15. ^ 『姫路市勢要覧 1972年版』 姫路市企画室企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 凸版印刷株式会社)、統計表13頁。
  16. ^ a b 『姫路市統計要覧 昭和49年版』 姫路市企画室企画課、昭和49年8月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、73頁。
  17. ^ 『姫路市統計要覧 昭和50年版』 姫路市企画室企画課、昭和50年9月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、71頁。
  18. ^ 『姫路市統計要覧 昭和51年版』 姫路市企画室企画課、昭和51年9月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、71頁。
  19. ^ 『姫路市統計要覧 昭和52年版』 姫路市企画室企画課、昭和52年10月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、71頁。
  20. ^ a b 『姫路市統計要覧 昭和54年版』 姫路市理財局企画財政部企画課、昭和54年12月1日発行(印刷所 高橋総合印刷株式会社)、p.80
  21. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 昭和59年版』 姫路市企画局調整課、昭和60年3月発行、p.148, p.150
  22. ^ a b c d 『姫路市統計要覧 昭和63年版』 姫路市企画局総合企画室、平成元年3月発行、p.106(「注)定期乗車人員算定方法について、59年度までは交通量調査の資料を基礎としていたが、60年度からは、実績を採用している。」との記載あり)
  23. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 平成5年版』 姫路市総務局総務部情報管理課、平成6年3月発行、pp.102-103
  24. ^ a b c d e 『第74回 神戸市統計書(平成9年度版)』 神戸市震災復興本部総括局復興推進部企画課、平成10年3月印刷発行(交友印刷株式会社)、pp.143-144
  25. ^ a b c d 『明石市統計書(平成8年版)』 兵庫県明石市企画財政部企画課統計係、平成9年3月印刷発行(株式会社 ソーエイ)、p.216
  26. ^ a b c d e f g h i 『播磨町統計書(平成13年度版)』 兵庫県播磨町企画調整課、平成13年7月発行、p.27
  27. ^ a b c 『加古川市統計書(平成7年度版)』 編集:加古川市総務部総務課(平成8年2月)、発行:兵庫県加古川市役所(平成8年3月)、p.105
  28. ^ 『高砂市統計書 平成8年版』 編集:総務部総務課、発行:高砂市役所(平成8年11月)、p.49
  29. ^ a b c d 『高砂市統計書 平成12年版』 高砂市総務部文書課、平成13年2月発行、p.49
  30. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成10年(1998年)版 10.運輸・通信
  31. ^ a b c d e 『加古川市統計書(平成12年度版)』 兵庫県加古川市総務部総務課、平成13年3月発行、p.107
  32. ^ a b c d e 明石市統計書 平成13年版(2001年) 更新日:2016年4月22日
  33. ^ a b c d e 『第79回 神戸市統計書(平成14年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成15年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.151-152
  34. ^ a b c d e f g 高砂市統計書(16年度) 9.運輸・通信、更新日: 2008年3月14日
  35. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成15年(2003年)版 10.運輸・通信
  36. ^ a b c d e 平成17年度版加古川市統計書(web版)運輸及び通信、更新日:2014年12月24日
  37. ^ a b c d e 明石市統計書 平成18年版(2006年) 更新日:2016年4月22日
  38. ^ a b c d e f 播磨町統計書(2007年版)、更新日:2016年3月1日
  39. ^ a b c d e 『第84回 神戸市統計書(平成19年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成20年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.127-128
  40. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成20年(2008年)版 10.運輸・通信
  41. ^ a b c d e f g 高砂市統計書(23年度) 9.運輸・通信、更新日: 2012年2月29日
  42. ^ a b c d e 平成22年度版加古川市統計書(web版)運輸及び通信、更新日:2014年12月23日
  43. ^ a b c d e 明石市統計書 平成23年版(2011年) 更新日:2016年4月22日
  44. ^ a b c d e 第89回神戸市統計書 平成24年度版(最終更新日2013年4月8日) 9 陸上運輸・空港
  45. ^ a b c d e f 播磨町統計書(2013年版)、更新日:2016年3月1日
  46. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成25年(2013年)版 10.運輸・通信
  47. ^ a b c d 平成26年度版加古川市統計書(web版)運輸及び通信、更新日:2015年4月21日
  48. ^ a b c 明石市統計書 平成27年版(2015年) 更新日:2016年3月31日
  49. ^ a b c 高砂市統計書(27年度) 9.運輸・通信、更新日: 2016年3月7日
  50. ^ a b 第92回神戸市統計書 平成27年度版(最終更新日2016年4月7日) 9 陸上運輸・空港
  51. ^ 播磨町統計書(2015年版)、更新日:2016年3月1日
  52. ^ 姫路市統計要覧 - 平成26年(2014年)版 10.運輸・通信

外部リンク[編集]