睡眠時遊行症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夢中遊行症から転送)
移動先: 案内検索
Sleepwalking
Somnambulism
John Everett Millais, The Somnambulist, 1871
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学、睡眠医学
ICD-10 F51.3 [1]
DiseasesDB 36323
MedlinePlus 000808
eMedicine article/1188854
MeSH D013009

睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう, Sleepwalking)とは、睡眠中に発作的に起こる異常行動のことで、夢遊病夢中遊行症(somnambulism)とも呼ばれる[1]睡眠障害として睡眠時随伴症(パラソムニア)のひとつに分類される[2]

無意識の状態で起きだし、歩いたり何かをした後に再び就眠するが、その間の出来事を記憶していない状態を指す。その時間は、30秒から30分までの長さになり得る[3]

このような夢遊病の多くは、就眠後1時間から3時間のノンレム睡眠時に発生することが多い事が分かっている。小児に多い病気である[4]

診断[編集]

鑑別疾患にはアルコールや薬物原因によるブラックアウトがあり、これらは同様に記憶喪失を引き起こしえる症状である。これらの症状では、患者は周辺環境に対し応答できるが(たとえば会話や車両運転など)、しかし本人はそれらの事象を記憶していない[5]。アルコールによるブラックアウトは、血中アルコール濃度が0.06g/dl以上で起こり得る[6]。文献システマティックレビューによれば、飲酒者のおおよそ50%が記憶喪失を経験しており、それによって夢中遊行類似行動や、怪我、死亡などのトラブルを経験している[5]

その他の鑑別疾患には、レム睡眠行動障害錯乱覚醒夜驚症などがある。

原因[編集]

興奮状態のまま眠りに就いてしまうことや、精神ストレスによるものが多いとされている。また、特に原因が見当たらず慢性的で難治性の場合もある。疲れていたり、昼間に猛烈なストレスを体験した場合に多くみられる。また、ぐっすり寝込んでいる子どもを、何らかの理由で無理やり起こした場合にみられることがある。

薬物原因としては、クロルプロマジン(ソラジン)、ペルフェナジンリチウム塩トリアゾラム(ハルシオン)、アミトリプチリンゾルピデムクエチアピン(セロクエル)と交感神経β受容体遮断薬などがある[3]

治療[編集]

現在のところ、臨床試験において症状改善が確認された心理療法や薬物療法は存在していない[7]。しかしながら、様々な療法が行われているのが現状である。

主な薬物療法としては現在、ベンゾジアゼピン系の薬が使われている。またストレスが原因の場合は、そのストレスの原因を断つことも必要である。なお、夢遊病患者を無理に起こしたり制止しようとすると危害を加えられる恐れがあり、過去には殺害事件も起きている[8]。危険がない限りそっとしておくか、危急の場合は警察や救急車を呼んで対処することが望ましい。 思春期が終わるころには自然に症状は消失するといわれているため心配する必要はないが、寝入るまで安全に保護する配慮が必要である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b World Health Organization. (1992). The ICD-10 classification of mental and behavioural disorders: Clinical descriptions and diagnostic guidelines. Version 2016. Geneva: World Health Organization.
  2. ^ American Psychiatric Association. (2013). Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition. Washington, D.C.: American Psychiatric Publishing.
  3. ^ a b Swanson, Jenifer, ed. "Sleepwalking." Sleep Disorders Sourcebook. MI: Omnigraphics, 1999. 249–254, 351–352.
  4. ^ 睡眠時遊行症 本多裕 日本睡眠学会
  5. ^ a b Wetherill, Reagan R.; Fromme, Kim (2016). “Alcohol-Induced Blackouts: A Review of Recent Clinical Research with Practical Implications and Recommendations for Future Studies”. Alcoholism: Clinical and Experimental Research 40 (5): 922–935. doi:10.1111/acer.13051. ISSN 01456008. 
  6. ^ Hartzler, Bryan; Fromme, Kim (2003). “Fragmentary and en bloc blackouts: similarity and distinction among episodes of alcohol-induced memory loss.”. Journal of Studies on Alcohol 64 (4): 547–550. doi:10.15288/jsa.2003.64.547. ISSN 0096-882X. 
  7. ^ Stallman, Helen M; Kohler, Mark (2016). “A systematic review of treatments for sleepwalking: 100 years of case studies”. Sleep and Hypnosis - International Journal. doi:10.5350/Sleep.Hypn.2016.18.0118. ISSN 13021192. 
  8. ^ BBC NEWS | UK | How sleepwalking can lead to killing

関連項目[編集]