夢と色でできている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夢と色でできている
対応機種 Microsoft Windows /7/8/8.1/10
発売元 feng
キャラクターデザイン karory
シナリオ なかひろ
ジャンル 恋愛ができない残念な仲間たちの青春ADV
発売日 未定(予定)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可

夢と色でできている』(ゆめといろでできている)は、fengから発売予定の18禁恋愛アドベンチャーゲームである[1]。発売時期は未定。

長らく動きがなかったが、2018年5月5日に公式サイトが公開された。

概要[編集]

当初は2015年に発売予定だった。2014年のコミックマーケットでグッズが販売された。2015年冬の秋葉原電気外祭りでは飛鳥井 姫色と黒羽 かもめが公式ビジュアルブックレットの表紙を飾ったほか、複数のグッズが販売された[2]

ストーリー[編集]

幼少時に主人公達は自称"地球防衛軍"を結成していたが、飛鳥井姫色の転校により疎遠になっていた。数年後に主人公の通う学校に姫色が転校生として再び現れ、物語が動き出す[1]

登場人物[編集]

飛鳥井 姫色(あすかい ひいろ)
幼馴染のグループのリーダー格で"神門防衛部"を創設[1]
乙原 恋(おんばら れん)
普段は優等生で品行方正であるが、主人公の前では小悪魔系女子になる妹[1]
黒羽 かもめ(くろばね かもめ)
かつては主人公を影で支えていた。優しく世話焼きタイプ[1]
七夕 紫織(たなばた しおり)
様々な格闘術を嗜むお淑やかな少女。保護者的な立場[1]
刻乃 雲(ときの くも)
寡黙で実家が神社で巫女をしており、超常現象に関心を持つ[1]

製作スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

雑誌[編集]

外部リンク[編集]