ピカソ利光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夜鯉利光から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピカソ利光
本名 横井 利光
生年月日 (1984-12-21) 1984年12月21日(34歳)
出身地 静岡県沼津市
血液型 A型
身長 171cm
言語 日本語
方言 遠州弁
最終学歴 慶應義塾大学中退
コンビ名 ピカソ(解散)
グループ名 猿楽町スポーツ専門店
相方 ピカソハマシマ
馬鹿よ貴方は
芸風 部室芸
事務所 吉本興業→ヒゲピカ
活動時期 2001年 -
他の活動 放送作家
配偶者 既婚
公式サイト https://twitter.com/PxCxS

ピカソ利光(ピカソとしみつ、本名:横井 利光(よこい としみつ)、1984年12月21日 - )は、演出家テレビディレクター構成作家静岡県浜松市出生、静岡県沼津市出身。制作会社ヒゲピカ 副代表。

来歴[編集]

静岡県浜松市で誕生。その後、神奈川県横浜市に移住[1]。4歳から13歳まで静岡県沼津市に移住し在住する[1]。このころ、不登校状態で素行が悪く、鑑別所教護院で過ごす[1]。その後、一念発起し、埼玉県の自由の森学園へ進学する[1]。バイトをして貯めたお金で[1]高校2年生の時に東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に入学し、第7期生となる。同年、浜島英二郎(ピカソハマシマ、後の新道竜巳)と「ピカソ」を結成する[1]。この時、東京NSCを中心に通っていたため、高校を留年[1]2001年、ルミネTHEよしもとでデビュー[1][2]。コンビ時代のネタは暴力的で破壊的でシュルレアリスムが多く、トークでは先輩に対して無礼な振る舞いをしたりする部室芸のような芸風であった為、ネタをすると舞台袖に芸人が集まる事で有名で圧倒的に若年男性ファンが多いコンビだった[2]2002年、「ピカソ」での活動を無期限停止[1]

2004年からメロンソーダホリプロコム所属)、ユミミ(当時ワタナベエンターテインメント所属)との3組でのお笑いユニット「猿楽町スポーツ専門店」として活動していた[3]

行動に問題があり、2002年にはアイドルを足蹴にして事務所より謹慎処分を、2003年には平和島競艇場にて客に唾を吐き謹慎処分を受けるなどしている[1]

2015年、慶應義塾大学経済学部入学[4]。既婚で1児の父[5][6]

芸人作家時代から紆余曲折あり、2015年頃から舞台に戻り、麻布十番のショーパブの舞台監督や舞台演出家をやりながら[7]、インターネット番組ニコニコ生放送公式番組「私立キュン×2学園」で番組ディレクターを始めるようになる[8][注 1]

ブログ[編集]

文を書くときの共通のテーマが「憂鬱」「不安」「苛立ち」であり、生きていく上での怖さや弱さを全面に出しながら文章を作るのが上手く、人との関わりを強がらずにナチュラルに書く文章が多い。文章では一人称がないのが特徴で「俺」「僕」「私」等一人称が文節ごとに違う事がよくあり、この文にはこの一人称と感覚と響きだけで決めているように受け取られる。ブログ中にたまに見せる「痛さ」が最大の魅力であり、本人も「叙情的な文章は訪問者が伸びる」とわざと狙って書いている。[要出典]

2005年7月から始めたライブドアブログ[10]は1日の訪問者の数が6500人以上あり(2006年11月現在)、公人やアイドルなどのブログランキングを良く抜き上位に食い込むことがある。全く知名度の無い人間でのランキング上位は極めて異例[要出典]。訪問者が多いことに本人は「気持ちが悪い」とブログでぼやいているがあまり気にしている様子ではなく、現在[いつ?]も変わらず普通に書いている[11]

多方面に不満や攻撃的な文章を書く事があり、当時は炎上商法という言葉すらなかった時代に訪問者を逆に意識した出鱈目な文章で自分自身の宣伝活動にそれをうまく使って結果的に注目を集め業界にアピールするという知能犯的な手法を使っている[独自研究?]。また蜷川幸雄事務所にはそれが通じなかったようで本文を削除した後、謝罪文を載せている。その後は蜷川幸雄関連の仕事を全て降ろされている[11]

2006年12月21日、22歳の誕生日と1000回目の更新を以って閉鎖[要出典]

2007年1月1日に新たに立ち上げたライブドアブログ[12]を経て、2008年1月よりライブドアブログからアメブロ[13]に移り更新を行っている。訪問者数は2008年3月24日のブログ[14]25000人達成、2008年7月7日のブログ[15]30000人達成、2008年8月7日のブログ[16]で訪問者数が50000人達成、2008年9月19日のブログ[17]で訪問者数が80000人を越えたことを画像付きで載せている。「訪問者を意識して書いているわけでは無い」「各個人の日々で数を競う意味がわからない」などの理由でアメブロランキングには参加しておらず、あくまで個人のスタンスでブログを更新している。

2010年11月25日を最後に更新停止。

2015年7月には新たにアメブロ[18]を立ち上げ、Instagramの写真を投稿している。

出演[編集]

過去のレギュラー

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 正確には、その前にやっていた番組、元乃木坂46の畠中清羅 レイヤーチャレンジャーからが演出家として初めての番組になる[9]

出典[編集]

外部リンク[編集]