夜想曲第8番 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ショパンの自筆譜
夜想曲第8番 変ニ長調 作品27-2

夜想曲第8番 変ニ長調 作品27-2 は、フレデリック・ショパン1835年に作曲したピアノのための夜想曲。翌1836年に出版された。

概要[編集]

非常に美しい曲想で、ショパンの夜想曲の中では作品9-2作品15-1と共に最も親しまれている作品のひとつであり、テレーズ・ダボニー伯爵夫人に献呈されたため、しばしば「貴婦人の夜想曲」と呼ばれている。

この曲の旋律は非常にヴァイオリン曲のような感じをもっているが、それについては次のような話が伝わっており、当時の文学界、音楽界の名士達が集って談笑していたとき、あるヴァイオリニストが自作の曲を弾いて聞かせ、それに対しショパンはピアノ曲を1曲創作し演奏したが、その時に演奏したのがこの夜想曲だと言われている[1]

構成[編集]

冒頭部分

変ニ長調、レント・ソステヌート、8分の6拍子ロンド形式

半音階を多用した流麗な和声進行で、変ニ長調 - 変ロ短調 - 変ホ短調 - 変ニ長調 - イ長調 - 嬰ハ短調 - 変ニ長調と切れ目なく同一の主題が続いていく。

装飾音に彩られたパッセージは他の楽器による編曲を許さない華麗なもの。コーダも曲全体にふさわしい6度の音階進行。

脚注[編集]

  1. ^ 『ショパン ノクターン集 [遺作付]』(全音楽譜出版社刊、上代万里江解説)

外部リンク[編集]