夜廻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夜廻
ジャンル 夜道探索アクション
対応機種 PlayStation Vita
PlayStation Vita TV対応
Microsoft Windows (Steam)
発売元 日本の旗 日本一ソフトウェア
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 NIS America
人数 1人
メディア PS Vitaカード
発売日 PlayStation Vita
日本の旗 2015年10月29日
アメリカ合衆国の旗 2016年10月25日
欧州連合の旗 2016年10月28日
Microsoft Windows
アメリカ合衆国の旗 2016年10月25日
欧州連合の旗 2016年10月28日
対象年齢 日本の旗 CEROC(15才以上対象)
アメリカ合衆国の旗 ESRBT(13歳以上)
欧州連合の旗 PEGI12
コンテンツ
アイコン
日本の旗 暴力
アメリカ合衆国の旗 Blood,Violence
欧州連合の旗 Fear,Violence
売上本数 日本の旗 5万本(出荷本数)[1]
テンプレートを表示

夜廻』(よまわり)は、日本一ソフトウェアより2015年10月29日に発売されたPlayStation Vita用ゲームソフト。北米・欧州では『Yomawari: Night Alone』のタイトルで2016年10月25日・28日にPlayStation VitaおよびMicrosoft Windows (Steam) 用ソフトとして発売。

2017年8月24日PlayStation 4及びPlayStation Vita版は続編である『深夜廻(しんよまわり)』が発売予定。

いなくなったものを探す少女が、夜の街を探索する[2]

あらすじ[編集]

愛犬ポロと散歩していた少女は、自分の不注意でポロを事故に遭わせてしまう。

ポロがいないまま帰ってきた少女を見た姉は、ポロを探しに行く。

しかし、姉が帰ってこないため、少女はポロと姉を探しに行くが、彼女が探索先の夜の街で見たのはおぞましい光景だった。

システム[編集]

夜の街を懐中電灯を手に探索し、暗いところに懐中電灯の光を当てて、これが何かを判別することで情報や噂を収集したり、街に落ちているアイテムを拾い、これを駆使して探索を行いながら、消えた姉と愛犬ポロの手がかりを集めていく。

街にはお化けと呼ばれる存在が徘徊しており、多くのお化けは少女に襲い掛かるため、姿を隠したりアイテムを使うことで回避する。お化けに捕まってしまうと、自宅や中間地点から再スタートとなる。中には変わった行動をとるお化けもいる。

本作のシステムの特徴として「心臓音システム」があり、少女の近くにお化けがいると、心臓音と共に画面が脈を打ち始める。鼓動の音や早さでお化けの位置を判別することできるが、心臓音が鳴っている間は少女の行動の一部に制限がかかる。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

少女
本作の主人公である少女。姿を消した姉とポロを探しに懐中電灯を片手に夜の街を歩く。
少女の姉。消えたポロを探しに行くが、帰ってこない。
ポロ
少女と姉が飼っている犬。散歩中に事故に遭い、いなくなってしまう。

お化け[編集]

街灯下の影
街灯の下にいる人型の影。
子供の霊
大きな口で笑う事故死した人型の霊。
道ふさぎ
大きな目と口と複数の足を持つ異形のお化け。
盲目の霊
釘が刺さった血まみれの包帯を頭に巻いている人型の霊。
顔面岩
人の顔型の岩。
化け猫
普段は普通の猫に化けており、少女が近づくと巨大な猫の頭になって襲ってくる。
よまわりさん
袋を巻き付けた触手を持つ異形のお化け。
首無し馬
同じ道を走っている首の無い馬。
メリーさんの人形
持ち主に捨てられた人形で、持ち主を探している。
大きなだるま
両目が描かれていないだるま。

評価[編集]

週刊ファミ通』のクロスレビューでは、40点満点で29点を得た[3]

2016年2月の時点では4.8万本を出荷しており、『魔界戦記ディスガイア5』に迫るヒットとなった[4]。売上は想定を上回ればよいと考えられていたが、実際には想定の倍以上となった[4]

「電撃PSアワード 2015」インディーズ部門第1位[1]

小説[編集]

2017年2月22日にPHP研究所より刊行。著者は保坂歩、イラストは溝上侑。

出典[編集]

外部リンク[編集]