夜廻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
夜廻
YOMAWARI: Night Alone
ジャンル 夜道探索アクション
対応機種 PlayStation Vita
PlayStation Vita TV対応
Microsoft Windows (Steam)
iOS 9以上/Android 4.4以上
発売元 日本の旗 日本一ソフトウェア
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 NIS America
人数 1人
メディア [PS Vita] PS Vitaカード
[共通] ダウンロード専売
発売日 PlayStation Vita
日本の旗 2015年10月29日
アメリカ合衆国の旗 2016年10月25日
欧州連合の旗 2016年10月28日
Microsoft Windows
アメリカ合衆国の旗 2016年10月25日
欧州連合の旗 2016年10月28日
iOS/Android
2018年配信予定
対象年齢 日本の旗 CEROC(15才以上対象)
アメリカ合衆国の旗 ESRBT(13歳以上)
欧州連合の旗 PEGI12
コンテンツ
アイコン
日本の旗 暴力
アメリカ合衆国の旗 Blood,Violence
欧州連合の旗 Fear,Violence
売上本数 日本の旗 5万本(出荷本数)[1]
テンプレートを表示

夜廻』(よまわり)は、日本一ソフトウェアより2015年10月29日に発売されたPlayStation Vita用ゲームソフト。北米・欧州では『Yomawari: Night Alone』のタイトルで2016年10月25日・28日にPlayStation VitaおよびMicrosoft Windows (Steam) 用ソフトとして発売。

2017年8月24日PlayStation 4及びPlayStation Vita版は続編である『深夜廻』が発売された。2018年10月25日(海外版では10月26日30日)には2作をまとめた『夜廻と深夜廻 for Nintendo SwitchYOMAWARI: The Long Night Collection)』が発売予定[2]。その後、初のスマホゲーム化したiOS及びAndroidに2018年配信予定。

いなくなったものを探す少女が、夜の街を探索する[3]

あらすじ[編集]

幼い少女は、飼い犬と散歩していました。

しかし、彼女の不注意によって犬は事故に会い、どこかへいなくなってしまいます。

からっぽのリードを引いて帰ってきた彼女を見た姉は、犬を探しに外へ飛び出していきました。

ひとり残された少女も遅れて家を出ますが、そこに広がっていたのは、見知った昼間と全く異なる不気味な夜の街でした……。

システム[編集]

夜の街を懐中電灯を手に探索し、暗いところに懐中電灯の光を当てて、これが何かを判別することで情報や噂を収集したり、街に落ちているアイテムを拾い、これを駆使して探索を行いながら、消えた姉と愛犬ポロの手がかりを集めていく。

街にはお化けと呼ばれる存在が徘徊しており、多くのお化けは少女に襲い掛かるため、姿を隠したりアイテムを使うことで回避する。お化けに捕まってしまうと、自宅や中間地点から再スタートとなる。中には変わった行動をとるお化けもいる。

本作のシステムの特徴として「心臓音システム」があり、少女の近くにお化けがいると、心臓音と共に画面が脈を打ち始める。鼓動の音や早さでお化けの位置を判別することできるが、心臓音が鳴っている間は少女の行動の一部に制限がかかる。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

少女
本作の主人公。リボンのついたカチューシャをつけている。本編では明かされなかったが、設定段階では「ことも」という名前が与えられていたことが、ディレクターにより明かされた。
姿を消した姉とポロを探しに懐中電灯を片手に夜の街を彷徨う。
『深夜廻』ではクリア後に「となりまち」のサブイベントに登場する。
少女の姉。ゲーム中では「おねえちゃん」と呼ばれる。消えたポロを探しに行ったきり、帰って来なくなる。
ポロ
少女と姉が飼っている愛犬。散歩中、とある理由から消息不明になった。

お化け[編集]

街灯下の影
街灯の下にいる人型の影。
子供の霊
大きな口で笑う事故死した人型の霊。
道ふさぎ
大きな目と口と複数の足を持つ異形のお化け。
盲目の霊
釘が刺さった血まみれの包帯を頭に巻いている人型の霊。
顔面岩
人の顔型の岩。
化け猫
普段は普通の猫に化けており、少女が近づくと巨大な猫の頭になって襲ってくる。
よまわりさん
袋を巻き付けた触手を持つ異形のお化け。
首無し馬
同じ道を走っている首の無い馬。
メリーさんの人形
持ち主に捨てられた人形で、持ち主を探している。
大きなだるま
両目が描かれていないだるま。

音楽[編集]

評価[編集]

小説[編集]

2017年2月22日にPHP研究所より刊行。著者は保坂歩、イラストは溝上侑

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]